備えあれば憂いなし、お金もいざというときに「ない」のは、困るものですよね。貯金をしておけば、金銭的な不安が解消されるし、本当にやりたいことに使うことができる。でもお金を貯めようと思っているのに、全然貯まらない……。もしかしたら「ムダ遣い習慣」が身についているせいかもしれません!

今すぐストップすべき! ムダづかい習慣5つ

1. セールや特売でいらないものを買う

お得なセールや特売を目にすると、開放的になって「とりあえず買っちゃおう!」と衝動がいしてしまうことってありますよね。でもあとになってよく考えたら「これ、必要なかったな〜」と後悔する。そんな負のサイクルを繰り返していませんか? 帰ってみたら「同じような洋服を持っていた」とセールで失敗しないために、本当に必要なものかどうか、一度深呼吸、冷静に考えるようにしましょう。

2. 整理されていない財布を使っている

毎日使っている財布を見てみましょう。レシートでパンパンにふくらんでいたり、ボロボロになっていませんか? 整理整頓されていない使い古した財布を使っていると、お金を使うときに「見直す」ことができなくなるのだとか。
お金に好かれる人は、綺麗な財布を使っているといわれていますが、これはお金を大切にする敬意の表れだからです。大事なお金はホイホイとムダに使いたくないですよね。でもボロボロ、パンパンのお財布を使っていたら「お金の大事さ」も薄れてしまうもの。今すぐ、お財布を整頓して「出ていきにくい状態」をつくるべきです。

3. ネットショップでムダな買い物をする

買い物に出かけなくても、家にいながら、移動しながらネットショップで買い物できてしまう。便利さとうらはらにムダ遣い習慣が悪化する原因になってしまうこともありますよね。クリックひとつで買えちゃうから、お手軽さからポチッと。それって本当に必要なものでしょうか? とくに「残り1点」とか表示されると「え〜い、買っちゃえ」と購買欲をストップできなくなるのが怖いもの。本当は買うつもりのないものをむやみに買わないように注意したいですね。

4. 100円ショップやドラッグストアに立ちよる

なんとなく暇つぶしのために100円ショップやコンビニ、ドラッグストアに入ってしまう。ふらふらと店内を一周してみる人はムダ遣いしがちだといわれています。目的の商品以外に「あ、これもいいじゃん」と手にとってしまう。たかが100円とはいえ、ちりも積もれば……大金になります。プチプラのものは、ついでに買ってしまうことが多いので、これを買おうと目的を持って立ち寄るようにしたいですね。

5. 自分へのご褒美・自分磨きを言い訳にする

衝動で欲しくなったバッグや靴を「自分へのご褒美」「自分磨き」と称して、言い訳にしていませんか? それではムダ遣いは一生ストップしません。不必要な自分へのご褒美を続けていると、本当に必要な「自分磨きのためのお金」が泡となって消えていってしまいます。今までムダに使ってきたお金、今手元にあれば「学校に通う資金」「勉強資金」「海外旅行資金」「家を買う資金」など、叶わなかった夢を実現する資金になっていたはずです。人生をより豊かにするために使うお金、これこそが本当の「自分へのご褒美」「自分磨き」ですよね。なんとなく欲しいものを買うためだけに、ご褒美の言い訳をするのはやめましょう!

お金は大事、わかっていてもムダ遣いしてしまうもの。本当に必要なときに、お金を使えるように。買い物のときには「本当に必要なものか」「同じようなものを持っていないか」と一度冷静になって考えるようにしたいですね!