里美ゆりあが主演した韓国の成人映画『さとみを探せ』のポスター

写真拡大

辰巳ゆい、里美ゆりあ、北条麻妃。AVファンの間では言わずと知れたAV女優たちだが、彼女たちの名が韓国の男性たちの間でも知られていることをご存知だろうか。

韓国の大手ポータルサイト『NAVER』を使ってその名を検索してみると、辰巳ゆうは270件以上のニュースを検索できるし、里美ゆりあには「最強日本AVのトップ女優」「日本のAVレジェンド」との修飾語が付いてくる。

大手検索サイトでも多数ヒットする日本のAV女優

北条麻妃に関しては、「日本でミスクニョ(美熟女=美しい中年女性)のブームを主導する女優であり、美人でありながらセクシーで賢い、三拍子を備えた役者として評価を得ている不世出のAV女優」と大絶賛しているほどだ。

そもそも韓国では、以前から日本のAV女優たちが“有名人”だった。

蒼井そらなどはファンクラブも存在したほど。韓国では今でも日本のAVが合法的に流通されていないが、相田由美、麻美ゆま、穂花、小澤マリア、吉沢明歩など日本のAV女優たちは広く知られている。韓国芸能記者が語る。

「2006年にネット上で日本のAVを大量流布した男が逮捕される事件がありました。彼は03年から06年まで約1万4000作品以上の日本のAVを不法アップロードし、ネット界では“ポルノ動画の教祖”と崇められ、釈放運動まで起きたほど。それほどまでに日本のAVは人気があるんです」

実際、韓国における日本のAV女優たちの活躍はめざましい。RIOとみひろは韓国でドラマに出演したほどだ。

韓国の成人映画に主演した日本のAV女優もいる!!

宇都宮しをん、上原亜衣、桃谷エリカなども人気らしい。ただ、依然として日本のAVの合法的な流通は禁じられている。そんな中でなぜ、前出の女優たちが韓国で知名度を上げているのか。韓国芸能記者が語る。

「闇ルートで入ってくる日本のAVに押されて、韓国のAV市場は壊滅状態です。そんな中、逆に作品数を伸ばしているのが18歳以上禁止の成人映画。成人映画が多く作られているのですが、その成人映画で活躍しているのが日本のAV女優なんです」

例えば辰巳ゆいは、2012年に韓国成人映画に主演。『AV女優』というタイトルの成人映画で韓国のエロ女優ヨ・ミンジョンと絡んだ。韓国で行われたプロモーションでは、「ウォンビンと一晩過ごしたい」などと発言して話題になった。

里美ゆりあは『さとみを探せ』という韓国の成人映画に主演。プレミア試写会ではバニーガール姿で登場し、その様子が各種ネットニュースでも大きく取り上げられた。

韓国の男性雑誌『MAXIM KOREA』や『GQ KOREA』にグラビアモデルとして登場したこともある北条麻妃は、2012年に主演した成人映画『淫義母』が韓国で公開されている。

ちなみに韓国語タイトルを直訳すると、『濡れたパンティーの密かな誘惑』。韓国のタブロイド紙『日曜新聞』では、「劇中内で濡れたパンティーが妙に活用されていてタイトルに説得力がある」と、真面目に紹介されているのだから、どことなく照れくさく恥ずかしい。

ただ、韓国の公的機関である韓国映画振興委員会によると、2014年度に同委員会に登録された成人映画は40数本で、近年は増加傾向にあるという。そんな成人映画の世界で活躍する日本のAV女優たち。韓国の成人映画が日本のAV女優たちにとって、ブルーオーシャンになるかも!?

(関連記事:【画像付き】韓国の成人映画産業を壊滅させたのは日本だった!! 韓国成人映画“栄枯盛衰史”)

(文=S-KOREA編集部)