【今さら聞けない】オーバードライブってなに?

写真拡大 (全6枚)

変速比が1.000より高いギヤ比のことを指す

最近ではあまり目にすることはなくなったが、かつてオートマにはオーバードライブ(OD)スイッチというものが装備されていた。

通常はオンにしておくODスイッチを高速走行中にオフにするとオーバードライブ・ギヤからシフトダウンされるというもので、4速ATであれば4速から3速にシフトダウンする操作に使ったものだ。

では、そもそも「オーバードライブ」というのは何を意味するのかといえば、変速比が1.000の直結ギヤより小さい数字の変速比(高いギヤ比とも言う)を示す用語だ。

変速比とは、エンジンのクランクシャフトが何回転したときにトランスミッションからの出力軸が1回転するかを指す。つまり数字が大きければ、同じ速度のときにエンジンの回転が高いことになる。

かつて、変速比1.000の直結ギヤをトップギヤと呼んでいたが、それよりもギヤ比を高くすることで高速巡航でのエンジン回転数を下げるのが「オーバードライブ」ギヤであり、とくにMTの場合は「オーバートップ」と呼ばれることもある。

いずれにしても1.000より小さい数字のギヤ比を指す。ただし、最近の多段ATではオーバードライブ・ギアは複数存在することが多い。

たとえば、トヨタ・クラウンの8速ATは6速が直結となる変速比になっているので、7速と8速がオーバードライブとなる。

●トヨタ・クラウン8速AT変速比

1速:4.596

2速:2.724

3速:1.863

4速:1.464

5速:1.231

6速:1.000

7速:0.824

8速:0.685

また、ユニークなところでは、マツダ・ロードスターの6速MTのように6速が1.000の直結ギヤとなっているケースもある。この場合はファイナルギヤ(最終減速比)によって巡航ギアになるよう設定されているが、用語としてはオーバートップを持たないトランスミッションとなっている。

●マツダ・ロードスター6速MT変速比

1速:5.087

2速:2.991

3速:2.035

4速:1.594

5速:1.286

6速:1.000

(文:山本晋也)