暑い日にもご飯が進む、夏のしょうが焼き。「ハニーポン酢ポーク」/調理=井澤由美子 撮影=白根正治

写真拡大

豚こま切れ肉や豚バラ肉をメインにしたおかずとなると、ついしょうが焼きに流れがちだが、たまには変化球を作ってみてはいかが? 甘酸っぱいたれに、一緒に炒めたみょうががさわやか! みょうがはむくみ防止・美肌・ダイエットに効き、独特の香り成分α-ピネンが頭をすっきりさせ、血行促進・整腸作用もあるので、たっぷりとれるのが嬉しい。

【写真を見る】押さえておきたいさっぱり小鉢。「なめこのおろしあえ」/調理=中島有香 撮影=岡本真直

合わせる副菜は胃腸に優しいねばねば小鉢「なめこのおろしあえ」や「長いもとオクラのあえもの」を。汁ものは旬を味わう「トマトのフレッシュスープ」や「トマトのしょうゆ麹スープ」をどうぞ。(栄養士・三澤友貴子)

【ハニーポン酢ポーク】(1人分384kcal、塩分2.3g)

<材料・2人分>豚こま切れ肉180g、きゅうり1本、みょうが5個、たれ(おろししょうが大さじ1・酒、はちみつ各大さじ2・ポン酢じょうゆ大さじ3・ごま油)

<作り方>

(1)きゅうりは長さを4等分し、縦半分に切って、斜め半分に切る。みょうがは四つ割りにする。豚肉は大きいものは一口大に切る。

(2)フライパンにごま油大さじ1を熱して豚肉を炒め、色が変わったらきゅうりとみょうがを加えてさっと炒める。油がまわったらたれを回し入れて混ぜる。

(3)ポン酢じょうゆを回し入れて、全体にからめるように手早く炒める。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】