Airbnbは「差別」と闘う──宿泊拒否への対策を発表

写真拡大

黒人であることを理由にゲストが宿泊を拒否されるなど、ユーザー間での差別が問題となっていたAirbnb。問題解決に向けて本格的に動き出した同社は、32ページにわたる報告書と一連の対応策を発表した。

「Airbnbは「差別」と闘う──宿泊拒否への対策を発表」の写真・リンク付きの記事はこちら

Airbnbは、同社が運営する民泊サーヴィス内で差別があるとの批判を受けて、問題解決に向けて対策を講じることを発表した。

9月8日(現地時間)、Airbnbは差別問題について32ページにわたる報告書を作成し、人種や宗教、国籍、身体的障害、ジェンダー、年齢などを理由にホストがゲスト(宿泊希望者)を拒否することがないよう、そのポリシーを改定した。同社はブログ記事のなかで、早くて来月にはこの改善策の効果が出始めるだろうとしている。

また10月1日からは、もしゲストが企業ポリシーに反して差別を受けたと感じた場合、Airbnbに宿泊場所予約のサポートを頼むことができるようになる。そしてこれは、現在および将来の予約だけでなく、過去の事例にも当てはまるという。

Airbnbはこのほかにも、ホストに対してより詳細な無差別ポリシーへの同意を積極的に促すこと、「今すぐ予約」(ホストが予め設定した予約の要件をクリアしたゲストが予約すると、その場で自動的に予約確定になる機能)の件数を、2017年1月までに100万件まで増やすこと、そしてダイヴァーシティ調査を専門とする学者や人権活動家、弁護士、アメリカ前司法長官エリック・ホルダーを含むアンチバイアス・アドヴァイザーたちに引き続き助言を求めることも発表している。

ちなみに、Airbnbは今年3月に新設されたポスト「ダイヴァーシティ・アンド・ビロンギングズ」の初代トップとして、国務省前職員のデイヴィッド・キング・靴魴泙┐討い

企業を悩ますユーザー同士の差別問題

長い間、Airbnbは中流階級の味方であるように努め、他人に自宅を解放することによって家族が強力なコミュニティの絆を築きながら、同時に収入を得られる仕組みをつくった。しかし、ユーザーのなかにはAirbnbで歓迎されていると感じられない人もいた。

伝えられるところによれば、今年6月にノース・カロライナのとあるAirbnbホストが、黒人であることを理由にゲストの予約をキャンセルし、そのうえ人種差別的で性差別的なメッセージをそのゲストに送ったという。ついにはCEOのブライアン・チェスキーも介入し、Airbnbはそのホストの永久追放を発表した。また5月には、プラットフォームでの差別が宿泊場所探しの妨げになったとして、ゲストがAirbnbに対して集団訴訟を起こすケースもあった。

これらは単発で起きた事件ではない。Airbnbはこれまで多くの差別問題に直面してきた。過去には、“黒人らしい名前”のゲストはAirbnbで予約をしづらいという調査報告が出され、ソーシャルメディアで広まった#AirbnbWhileBlackというハッシュタグは、サイトにおける差別問題を浮き彫りにした。

Airbnbにとって、差別問題は単に否定的な報道をされるだけでは終わらない。差別問題は、成長が妨げる要因となりうるのだ。差別にあったユーザーたちは予約をやめ、Airbnbはそのユーザーに賛同するほかのユーザーたちをも失う危険性が高い。

これが、彼らが行動を起こした理由だ。ここ数カ月の間には、TwitterやRedditといったソーシャルネットワークも差別や偏見と戦うために自社ポリシーを複数回改訂している。差別など、あってはならないものなのだ。

RELATED