写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●歯列矯正がアンチエイジングにつながる!?
歯並びは自分だけの努力で改善できるものではなく、悩んでいる人も多い。歯並びを整えるには歯列矯正が必要だが、歯列矯正には見た目をよくする以外にもさまざまなメリットがあるという。

今回はM.I.H.O.矯正歯科クリニックの今村美穂医師に、歯列矯正によって得られるメリットや、矯正中や矯正前後に気をつけるべきポイントを教えてもらった。

○歯列矯正のメリットを知る

歯列矯正は「見た目をよくするだけのもの」と思っている人もいるのではないだろうか。だが、歯は消化器官の一つ。かみ合わせのズレやあごの動きの不調和があると、咀嚼(そしゃく)が不十分となり胃腸への負担が大きくなる。歯列を整えることでかみ合わせがよくなり、咀嚼がきちんとできるようになる。

歯列が乱れていると、咀嚼時に片側だけでかんでいたり、かむ力が弱くなっていたりする場合がある。バランスの悪い咀嚼は顔の筋肉のバランスも崩してしまうので、顔にゆがみが生じてしまう。歯列を矯正することで口元やあごの骨格などが整えられ、左右の筋肉にバランスが取れて表情筋も活性化する。

表情筋の活性化によって顔全体の筋肉を動かせば、血流やリンパを広範囲に刺激でき、ほうれい線といった顔の気になる部分をケアできるため、アンチエイジング効果も期待できる。また、表情筋が活性化すれば口元に自信が持てるようになり、笑ったり話したりすることをより楽しめるようになる。表情が明るくなれば、おのずと当人の外見的魅力度も増すだろう。

虫歯の治療や歯周病予防という観点からのメリットも大きい。下記に簡単にまとめたので参考にしてほしい。

■歯周病や口臭などを予防

歯列が乱れていると、歯みがき時に歯が重なっている部分などに磨き残しが生まれてしまう。デンタルフロスなどもやりにくく、そこにプラークがたまってしまえば、虫歯や歯周病の原因になる。歯列が美しく整えば、歯磨きやデンタルフロスもしやすくなり、プラークもたまりにくくなる。虫歯や歯周病は口臭の原因でもあるので、口臭の改善も期待できる。

■虫歯治療の効果アップ

歯並びが悪いと、虫歯治療時に無理な形で詰め物やかぶせ物をするといったケースが出てくるため、これらの詰め物が取れやすくなる。その度に治療を繰り返すリスクが生じてくるが、歯列矯正によって治療がスムーズに進められれば、長く治療した歯を使うことができるようになる。

■口呼吸への改善

また、歯並びが原因で呼吸が口呼吸になってしまうことも多い。口呼吸は口内や喉の乾燥を招き、虫歯や口臭につながったり、体調を崩しやすくなったりする恐れがある。歯列矯正にはこの口呼吸を改善できるという特典もある。その他では、発音や口腔内環境の改善に大きく寄与する。

●矯正前・矯正中に気をつけることや矯正の適切な時期は?
続いて、歯列矯正をしているときに注意すべき点をまとめた。

■歯磨きは通常よりも念入りに

歯列矯正中は、歯を移動させるためにブラケットやワイヤーが装着された状態になる。そのため、食べカスがたまりやすくなってしまうので、通常よりも念入りな歯みがきが必要。矯正治療中に虫歯になってしまうと、いったん矯正治療を中断して虫歯治療をしなければならなくなる場合もあるので、歯科衛生士や歯科医師の指導に従って丁寧に歯みがきをするようにしたい。

■運動時には口元への衝撃に注意

歯列矯正中は装置を口内に装着した状態になるため、スポーツ時には注意が必要。口元に強い衝撃が加わると、装着している装置によっては口腔(こうくう)内のケガを招く場合があるからだ。ただ、スポーツ専用のマウスピースなどもあるので、趣味や部活動などで体を動かしている場合は、矯正歯科医に相談するとよい。

■保定装置を正しく使用する

矯正装置を外した後は、矯正した歯が戻らないように保定装置(リテーナー)を装着する必要がある。自分で取り外しができる装置で、「週に2〜3回」「夜間のみ」といったように24時間付けておく必要もないため、しっかりと医師の指示に従って装着するようにしたい。「煩わしいから」と装着の頻度を勝手に少なくしてしまうと、せっかく矯正した歯列が戻ってしまうので気をつけよう。

○適切な時期は個人で異なる

歯列矯正の前に準備が必要な場合もある。あごの面積に対して歯が大きすぎると、歯を正しく並べるためのスペースが確保できない場合がある。成長期であれば、あごの骨を大きくする装置を利用し、あごが大きく成長してから矯正治療をすることが可能だ。だが成人の場合は、骨の成長が止まっているため、抜歯してスペースを確保するしかない。健康な歯の抜歯には抵抗を感じるかもしれないが、正常な歯列によって得られるメリットをよく検討して矯正治療をするかどうかを決めていきたいところだ。

もちろん、虫歯などがある場合は治療をしてから矯正治療をしていくことになる。虫歯により神経を抜いていたり、差し歯やブリッジなどがあったりする場合も、歯根に問題がなければ矯正治療は可能なケースが大半だ。ただ、ブリッジや差し歯は作り直しが必要になる場合もある。

歯列矯正のタイミングについては、若いほうが歯列の動きがよいため早期にしたほうがいいとされている。だが実際は、歯だけでなく骨も関係してくる問題のため、幼児期や子供の頃は矯正歯科医による経過観察をしながら処置を行うことになる。

あごの成長を見ながら処置を行う早期治療を経て、永久歯が生えそろってあごの成長がある程度予測できるようになった段階でブラケットやワイヤーを装着する本格治療をしていく。その時期は個人個人で異なってくるので、矯正歯科医としっかり相談していきたい。

○3食後の歯みがきと歯科検診の徹底を

歯並びを悪くしないためには、3食後の歯みがきの徹底と定期的な歯科検診が何よりも重要。虫歯や歯周病によって歯が抜けてしまうと、その周りの歯が傾斜したり移動したりすることで適切なかみ合わせが得られなくなる。子供の場合、早期治療が重要な役割を担うケースもあるので、状態を把握するためにも歯科検診はきっちりと受けるように心がけたい。

歯列矯正は見た目の改善だけでなく、健康面や美容面でもさまざまな恩恵が得られる。治療を開始したら医師の指導や指示をしっかりと守り、快適で美しい歯の健康を得るようにしていきたい。

※写真と本文は関係ありません

○記事監修: 今村美穂(いまむら みほ)

M.I.H.O.矯正歯科クリニック院長、MIHO歯科予防研究所 代表。表参道デンタルオフィス 矯正歯科。日本歯科大学卒業、日本大学矯正科研修、DMACC大学(米アイオワ州)にて予防歯科プログラム作成のため渡米、研究を行う。1996年にDMACC大学卒業。日本矯正歯科学会認定医、日本成人矯正歯科学会認定医・専門医。研究内容は歯科予防・口腔機能と形態及び顎関節を含む口腔顔面の機能障害。MOSセミナー(歯科矯正セミナー、MFT口腔筋機能療法セミナー)主宰。

(宮崎新之)