9日、韓国日報は、北朝鮮の核実験により引き起こされた人工地震について、韓国気象庁の通報が海外機関より大幅に遅れた問題を報じた。資料写真。

写真拡大

2016年9月9日、韓国日報は、北朝鮮の核実験により引き起こされた人工地震について、韓国気象庁の発表が海外機関より大幅に遅れた問題を報じた。

韓国気象庁によると、9日午前9時31分に韓国北東部・江原道高城郡の観測所は、北朝鮮咸鏡北道吉州郡付近の地下700メートル地点におけるマグニチュード5.04の地震発生を感知し、これに続いて他の複数の観測所でも地震波を観測した。地震発生は午前9時30分(北朝鮮時間午前9時)と判明した。

気象庁は速やかに地震波の精密な分析を実施、9時40分ごろには大規模爆発により発生した人工地震との結論を出し、関係部署に結果を連絡した。

しかし気象庁が報道各社などに公式に北朝鮮での人工地震発生を通報したのは、地震発生から1時間後の午前10時30分。欧州など海外の気象研究機関の発表からは実に50分も遅れた。気象庁関係者は遅延について「国家安保に及ぼす影響が莫大(ばくだい)なだけに、誤報の可能性を精査し、人工地震対応マニュアルに従い関係部署の最終合意を得る必要があったため」と説明している。

地震波の分析作業は約10分で終了したにもかかわらず、安保関連マニュアルが正式な発表を遅らせていたという事実に、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

「VIPに報告するから遅れたんだよ」
「兵役に行った人は分かるよね。韓国の報告システムはとにかくひどいということを」
「手続きのせいで死人が出る」

「戦争が起こっても報告のために50分も通報が遅れたら、もう対応不可能な状態だろう。情けない」
「核爆弾がソウルに落ちても発表は1時間後だろうな。偉い人たちはみんな逃げ出した後で…」
「韓国のすべての事故は、報告の手続きを守り過ぎて対応が遅れるのが問題」

「いっそ海外の発表をコピって報道したら?気象庁職員は全員クビでね」
「こんな弁解はみんなうそ。海外メディアの外国語の報道を見た後で、韓国語に翻訳して報じるから時間がかかるんだよ」
「気象庁は誤報があまりに多過ぎるから、実際に探知しても自分たちのことすら信じられなくなってるんだ」(翻訳・編集/吉金)