日本と中国は距離的に言えば非常に近い国同士と言って良い。それでも文化や考え方においては非常に違っていると感じる日本人は大勢いるだろう。同時に、日本には中国が持っていない素晴らしい長所が数多くあると感じる中国人もいる。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本と中国は距離的に言えば非常に近い国同士と言って良い。それでも文化や考え方においては非常に違っていると感じる日本人は大勢いるだろう。同時に、日本には中国が持っていない素晴らしい長所が数多くあると感じる中国人もいる。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「真実の日本」と題して、日本人の生活の日常を紹介する記事を掲載している。日本人の日常であるため、日本人からすれば何ら驚きではないことでも、中国人からすれば驚き以外の何ものでもないことは多いことが分かる内容となっている。

 記事は、休日のあるテーマーパークにベビーカーが「整然」と並べられている様子を紹介。中国であれば「ただ置いてある」状況になるであろうものが、日本では「整然」と並ぶことを称賛した。また日本の街中は非常に清潔であり、日本人の公徳心の高さが明確に反映されていることを紹介しつつ、「日本では野良猫まで非常に清潔」と指摘した。

 さらに、日本社会では「法律意識や道徳・節操が浸透しており、公正と正義が最大レベルで実現されている」と絶賛。記事はその事例の1つとして、横断歩道を渡るやや高齢の女性の写真を掲載。この女性は信号が赤になった時点で横断歩道を渡りきれていなかったが、信号待ちの車両はクラクションを鳴らすことも動き出すこともなく、女性が横断歩道を渡り終えるのをじっと静かに待っていると説明した。

 日本社会には「公正と正義が最大レベルで実現されている」という記事の称賛を、中国社会の生活や習慣を知っている人は決して過大評価とはみなさないはずだ。例えば中国の交差点では自動車は常時右折が可能だが、それでも歩行者が横断歩道を横断しているとき、自動車は一時停止しなければならないと中国の法律によって義務付けられている。しかしこの法律を守る中国のドライバーを見つけるのは相当困難であることに、おそらくほぼすべての中国人が同意するだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)