日本と中国の出版交流の促進をめざす第5回「日中出版界友好交流会」が9月23日に、東京・千代田区の衆議院第一議員会館多目的ホールで「日中国交正常化45周年に向け出版交流と両国関係改善を考える」をテーマに開催される。写真はパンフレット。

写真拡大

日本と中国の出版交流の促進をめざす第5回「日中出版界友好交流会」が9月23日に、東京・千代田区の衆議院第一議員会館多目的ホールで「日中国交正常化45周年に向け出版交流と両国関係改善を考える」をテーマに開催される。

中国環球新聞出版、日本僑報社が主催し、日本書籍出版協会、中国駐日大使館、日中文化交流協会、日中友好協会、日中友好議員連盟などが後援する。

交流会には中国側から任惠霊・新聞出版広電総局代表を団長とする中国出版界訪日団メンバー、中国駐日大使館の薛剣公使参事官らが出席。日本側から衆議院議員で日中友好議員連盟の近藤昭一幹事長、日本書籍出版協会の中町英樹専務理事らが出席する。

今回の交流会は、来年の日中国交正常化45周年の節目の年に向けて「出版交流と両国関係改善を考える」をテーマに多角的な討論を行う。

基調講演として「日中関係と文化交流」と題し、元中国大使の宮本雄二氏(日中友好会館副会長、日中関係学会会長)が講演する。

パネルディスカッションでは「両国の信頼関係増進における出版界の課題」と題し、日中の出版関係者、作家、翻訳家らをパネリストに迎えて、幅広い討議を行う。パネリストには、作家の王●<日ヘンに斤>朋氏(中国言實出版社社長)、南晋三・潮出版社社長、作家の石川好氏(『湖南省と日本の交流素描』著者)、翻訳家で麗澤大学特任教授の三潴正道氏らを予定している。

中国の新聞、雑誌、書籍の発行部数は世界一。書籍分野では村上春樹、渡辺淳一ら多くの作品が翻訳されて中国でベストセラーに。中国語翻訳本は、販売不振に陥っている日本の出版業界にとって“救いの神”になると期待されている。(八牧浩行)

<第5回日中出版界友好交流会>
日時:2016年9月23日(金)午後2時〜
会場:衆議院第一議員会館1階多目的ホール(東京都千代田区永田町1-7-1)
無料(定員150名、先着順)Tel03-5956-2808 Fax03-5956-2809