[ちちんぷいぷい‐毎日放送]2016年9月2日の放送で、12月11日に開催される階段垂直マラソン「Vertical World Circuit」大阪大会が紹介されていました。

超高層ビルの頂上を目指し、階段を駆け上がる過酷なマラソンは、ロンドンやニューヨーク、パリなど世界9か所で行われ、世界中で注目されているスポーツです。

1000人が頂上を目指す

そのエキシビションマッチがこの冬、大阪にやってきます。開催場所は、300メートルと日本一の高さを誇るビル・あべのハルカス。ビル内の階段がコースになるため、外の景色は見えず、観客も一切なし、重力に逆らって登っていくのは、想像以上に過酷だといいます。

2階から頂上を目指し、20秒間隔で1人ずつスタート。エリートランナー(50人)は屋上のヘリポートまで1621段を、一般ランナー(950人)は「ハルカス300(展望台)」まで1561段を登り、タイムを競います。

あべのハルカス(Kyoto-Pictureさん撮影、flickrより)

マラソンに物足りなさを感じている方、自分との戦いに挑みたい方はトライしてみてはいかがでしょうか。

参加資格は16歳以上(エリートランナーは18歳以上)の健康な男女、参加費は5300円です。申し込み期限は一般ランナーの部で11月中旬予定。定員になり次第受付終了です。(ライター:青空繭子)