ばい煎した茶葉の香ばしさが魅力の「宇治焙じ茶ぱふぇ<炎>」。辻利兵衛本店 宇治本店茶寮

写真拡大

和風パフェ=抹茶パフェ、はもう古い? 最近では、その香ばしい香りがたまらない!と「ほうじ茶パフェ」がひそかなブームに。お茶の本場、京都・宇治で人気のほうじ茶パフェをご紹介!

【写真を見る】京都・宇治にある老舗のお茶屋さんが経営する「辻利兵衛本店 宇治本店茶寮」

【「辻利兵衛本店 宇治本店茶寮」 宇治焙じ茶ぱふぇ<炎>】

1860年に創業した京都・宇治にある老舗のお茶屋さんが経営する茶寮。ばい煎した茶葉の香ばしさが魅力の「宇治焙じ茶ぱふぇ〈炎〉」1,600円には、京番茶の生クリームとほうじ茶のジュレを使用。別添のほうじ茶蜜をかけながら、食べることができる。さっぱりとした後味が特徴。しっとり落ち着いた空間の茶寮でいただくパフェは、格別な味わいだ。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】