9日、新華社は記事「北朝鮮の核実験によって複雑化する地域情勢、負の連鎖へと突入へ」を掲載した。北朝鮮の核開発に強硬姿勢で対抗すれば負の連鎖に入ってしまうと警告した。写真は中朝国境の吉林省延辺朝鮮族自治州延吉市。

写真拡大

2016年9月9日、新華社は記事「北朝鮮の核実験によって複雑化する地域情勢、負の連鎖へと突入へ」を掲載した。

北朝鮮の核実験が世界に大きな波紋を広げている。年初に続く今年2回目の実験に危機感が高まっている。韓国は周辺諸国の強い反対にもかかわらず、THAAD(終末高高度防衛)ミサイル配備を決定したが、これは朝鮮半島の平和と安定を目指す関係各国の努力に反するものだ。

関係各国の挑発が続けば負の連鎖が始まってしまう。必要なのは大局的思考に基づき、対立の発想を捨て、挑発をやめ、対話という解決のレールへと戻ることである。(翻訳・編集/増田聡太郎)