リオ五輪で大逆転の末3大会ぶりに金メダルを獲得した中国女子バレーボールチーム。伸びないメダル数に沈んでいた中国国民たちは狂喜乱舞し、その直後から中国語で女子バレーボールを表す「女排」を用いた「女排精神」なる造語が登場、国内を席巻していることをご存知でしょうか。この「女排精神」が今やすべてを可能にする「民族の精神」と同格にまで持ち上げられているという現状を、評論家の石平さんは無料メルマガ『石平(せきへい)のチャイナウォッチ』の中で、「その背後にあるのは、現代中国と中国人の精神的貧困さである」とばっさり斬り捨てています。

「女排精神」まるで「救世主」のように崇拝…背後に現代中国の精神的貧困

リオ五輪が閉幕した後、「女排精神」という言葉が中国の国内メディアを大いににぎわしている。

「女排」とは中国語で女子バレーボールの意味である。8月21日、リオ五輪のバレーボール女子決勝で中国チームが3-1でセルビアに逆転勝ちして優勝を決めたことから、「女排精神」の新造語が生まれた。

今回の五輪で中国の獲得メダル数は当初の予想以下に低迷し、イギリスに負けて世界3位に転落した。国内では一時、諦めムードが漂っていたが、五輪最終日の女子バレーの劇的な逆転勝利によって、中国国民の鬱憤(うっぷん)が一気に吹っ飛ばされたのである。

その直後から、「女排精神」の言葉が国内の各メディアに登場してきた。

たとえば同22日、毎日経済新聞は「改革が困難を乗り越えるのには『女排精神』が必要」とする社説を掲載した。有力地方紙の南方日報も社説で「新しい時代の『女排精神』を高揚させよ」と呼びかけた。同じ日、軍機関紙の解放軍報も論評を掲載して「軍を強くするために『女排精神』を高揚させるべきだ」と力説している。

それ以来、「女排精神」は毎日のように叫ばれることになったが、同26日、新民週刊は「女排精神は民族精神の時代符号」と題する論評を発表し、流行の「女排精神」を「民族精神」にまで昇格させた。同27日、全国紙光明日報は「女排精神」のことを「民族復興の英雄的DNA」だと持ち上げた。

次は人民日報の出番である。同29日から連続3日間、人民日報は「女排精神」を褒めたたえる論評を掲載したが、その中で、「女排精神」を「負けず嫌いの精神」や「団結奮闘の精神」などと定義した上で、「女排精神」をもって「民族の自信」を高め「民族復興の力」を強めようとの大号令をかけた。

こうした中で、「女排精神」の単語がひとり歩きして全国的に広がり、あたかも万能な「魔法精神」であるかのように取り扱われた。

たとえば安徽省の電気供給国有企業は「『女排精神』に学び、電気の安定供給に努めよう」とのスローガンを高らかに掲げ、山西省太原市地元紙は「『女排精神』を発揮して山西省の農特産品ブランドを創ろう」とする情熱的な社説を掲載した。IT業界のある企業が「ネット金融を成功させるのには『女排精神』が必要」とのコメントを発表したかと思えば、LED照明業の業界紙は「『女排精神』はわが国のLED企業にどのような啓発を与えているのか」との分析記事を載せた。

このように今の中国では、「民族の自信」を高めるのにも、「改革の困難」を乗り越えるのにも、解放軍を強くするためにも、山西省の特産品ブランドを創るためにも、ネット金融を成功させるためにも、とにかく何もかも全ては、「女排精神」の力にすがらなければならないありさまとなっているのである。

もちろん「女排精神」といっても、それは所詮、中国女子バレーチームの20代そこそこの女の子たちが持つスポーツ精神にすぎない。

13億人の「大国中国」の人民日報から解放軍報まで、IT業界からLED業界までが、彼女たちのスポーツ精神を「民族の精神」にまで持ち上げて、まるで「救世主」であるかのように拝もうとする…。

この滑稽な光景は逆に、現在の中国全体における「精神の欠如」を示している。誇るべき「民族の精神」が実際に何もないからこそ、にわか作りの「女排精神」を利用して心の巨大な空白を埋めようとしているのである。

つまり「女排精神」という言葉がはやった背後にあるのは、現代中国と中国人の「精神的貧困さ」である。このような国と民族に「未来」があるとはとても思えない。

image by: 語文迷(中国語サイト)

 

『石平(せきへい)のチャイナウォッチ』

誰よりも中国を知る男が、日本人のために伝える中国人考。来日20年。満を持して日本に帰化した石平(せきへい)が、日本人が、知っているようで本当は知らない中国の真相に迫る。

<<登録はこちら>>

出典元:まぐまぐニュース!