脳トレと聞くと、アンチエイジングや認知症予防をイメージする人も多いかもしれません。

しかし、気持ちの切り替えになり、集中力もアップします。そのため、実はビジネスパーソンにもおすすめなのです。

また、脳は習慣を好みます。毎日5分でも継続して行うと、非常に効果的です。

そこで今回は、数字と文字を使ったクイズをお届けします。

ただし、これは相当の難問です。1分で解けた人は本物の天才かもしれません。

■数字と文字の法則性を見抜くクイズ・問題編

さっそく、問題です。以下に並んだ数式は、ある法則によって書かれています。

その法則を見抜いて、「?」に入る文字を答えてください。制限時間は1分です。

12+6=意味

7+6=旨味

10+12=鳥居

3+7=?

頭を柔らか〜くして、考えてみてくださいね。漢字に深い意味はありません。数字と文字のつながりだけに注目してください。

■数字と文字の法則性を見抜くクイズ・解答編

みなさん、答えはわかりましたか?

ここで大ヒント! この法則では1〜12までの数字しか使うことができません。そして、漢字をひらがなにすると答えが見えてくるかもしれません。

他には、

4+6=海

12+1=稲

6+6=耳

などもあります。

では、正解を見ていきましょう! これは、十二支を数字に置き換えて組み合わせたものです。

1=ね、2=うし、3=とら、4=う、5=たつ、6=み、7=うま、8=ひつじ、9=さる、10=とり、11=いぬ、12=い

なので、

12(い)+6(み)=意味

7(うま)+6(み)=旨味

10(とり)+12(い)=鳥居

そして、

3(とら)+7(うま)=トラウマ

となるわけです。

1分でこのクイズが解けた人は、本当に広い視野の持ち主。物事をひとつ上から見ることができるため、周囲から天才と呼ばれているはず。

視点が高ければ高いほど、ほんの少しの情報から思考を展開できます。すると、1を聞いて10を知ることが可能になるのです。

毎日の脳トレを習慣にすると、考える力も高まり、視野も広がっていきます。ぜひ過去のクイズ記事もチャレンジしてみてください!

(文/平野鞠)

 

【参考】

※快活脳!思考の罠と脳の基礎知識

※老年若脳

※IQ脳.net

【クイズ】

※北村良子・・・パズル・クイズ作家。書籍の他、企業、新聞、TV番組、雑誌等向けに作成。著書は『大人のIQパズル』(彩図社)『60歳からのボケないための思い出しパズル』(永岡書店)他。お問い合わせはフォームからお願いします。