9日午後、湖北省武漢市で、中国初の本物の飛行機を使ったコンセプトレストランがオープンした。

写真拡大

9日午後、湖北省武漢市で、中国初の本物の飛行機を使ったコンセプトレストランがオープンした。これはボーイング737型機を3500万元(約5億2500万円)かけてレストランに改造されたものだ。武漢市光谷エリアに新たな名物が加わった。人民網が報じた。

【その他の写真】

2015年7月、現役を引退した飛行機を改造したホテルに着想を得た武漢市の実業家・李浪さんはインドネシアで引退したボーイング737型機を買い取った。そして、数カ月の輸送を経て、飛行機は今年3月に武漢市に到着。すぐにリフォームに取りかかり、半年かけて全く新しい姿に変身し、市民にお披露目となった。

オープン当日、多くの市民が「搭乗」してみた。市民の張さんは取材に対して、「飛行機レストランで食事をするのと、実際に飛行機に乗った時に食事をするのは、少し感じが違う。飛行機に乗った時は、そそくさと食事を済ませるため、ゆっくりと雰囲気を楽しむ暇はないし、席も狭い。でも、飛行機レストランなら、とても楽しい時間を過ごせる」と語った。

この飛行機レストランでは、まず、「出発ロビー」で注文を済ませてから、スタッフの案内の下、「ボーディング・ブリッジ」を通って飛行機の中に入り食事をする。コンセプトに合わせて、スタッフも、「スチュワーデス」の基準に沿って選ばれているという。同レストランで食べることができるのは西洋料理で、外国人コック4人を雇っているため、本場の料理を楽しむことができる。(提供/人民網日本語版・編集KN)