試してみた「雑巾+洗剤 VS メラミンスポンジ」どっちが時短掃除?

写真拡大

まだまだ暑い日が続き、黙っているだけでも体力消耗。これに子供の遊び相手が加わると……、疲れ切って、とても家事なんてやっていられませんね。

でもふと家の中をみると、おもちゃは散乱し埃だらけだし、玄関は遊んで帰ってきて泥だらけ。疲れに家の汚さが加わり、ついイライラなんてことありませんか?

そんな体力消耗中だけど家を綺麗にしたい方にオススメなのが、“メラミンスポンジ”。今回はそのメラミンスポンジを使った、手軽にできるお掃除方法をご紹介します。ぜひチャレンジしてみてください。

 

■1:なぜ洗剤なしで汚れが落ちるの?

このスポンジ、洗剤は使わず水を含ませてこするだけなのでとっても楽チンなのです。でも、「なぜ頑固な汚れが水で?」と不思議に思いませんか。

その秘密はスポンジの構造にあるようです。例えば『激落ちくん』というメラミンスポンジの商品がありますが、メラミンフォームという材質でできていて、そのメラミンフォームは、メラミン樹脂をミクロン単位で発泡させた硬度の高い骨格構造をしていて、そのとっても細かい網の目で汚れをかき取るのだそうです。

 

■2:ならば家中に使っちゃえ!と思った人、ちょっと待って

水なら簡単だし小さな子どもやペットがいても安全そう、家中これで掃除すればいいのでは、と思いますよね。

でもちょっと待ってください! メラミンスポンジは“汚れをかきとる”ので、汚れ以外のところにも“細かいキズが入る”ことがあるのです。うっかり使ってしまってから後悔しても遅い場合が……。

使用上の注意を見ると、「くもり止め加工などの特殊加工された鏡」や「光沢のあるステンレス・プラスチック面」などは使用に適さない、となっています。きれいにしたい対象物の取扱説明書もあわせて確認してから使用したほうがよさそうです。

 

■3:「雑巾+洗剤」VS「メラミンスポンジ」どっちが時短掃除?

では実際にメラミンスポンジを使って掃除をしてみたいと思います。まずは、泥と砂で無残に汚れた玄関、これがいかに時短で掃除できるか実際に試してみました。

「雑巾+洗剤」VS「メラミンスポンジ」で違いを試してみた結果をお伝えします。(ちなみに筆者宅の玄関床はテラコッタタイルで、メラミンスポンジを使っても支障がなさそうなものでした)

(1)雑巾+洗剤

まずは雑巾ですが、拭いても落ちないので、泥がある程度はがれるように、水まきして洗剤をかけたのち雑巾でふき取り作業をしました。

泥は拭いてもなかなか落ちず、何枚も雑巾を交換しました。結局、雑巾に泥が付着しなくなるまで所要時間1時間半、しかも乾いてくると、かすかに泥のあとが残っていました。

(2)メラミンスポンジ

つぎにメラミンスポンジでやってみました。メラミンスポンジを水でぬらしただけです。

こすった瞬間かなりのカスがでますが、泥水がでてくることもなく、新品のようなタイルの仕上がりになりました。出てきたカスは乾いてからホウキで掃き掃除して、所要時間30分でした。

筆者の感想としては、使い比べた結果、圧倒的に“メラミンスポンジ”の方が、「時短できれい!」という結論です。

 

いかがでしたか? せっかく掃除するなら、簡単に且つきれいにしたいですね。最近は洗剤とスポンジが組み合わされた商品もあるようなので、さらなる効果が期待できそうです。

みなさんも、ぜひ日ごろのお掃除の参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

ヤダ…運気がダダ下がり!まずは掃除すべき家の中のスポット3つ

※ 【比べてみた】最も簡単なのは?1年間の頑固な汚れを落とす「網戸の掃除」方法3つ

※ カビや水垢まで!重曹やクエン酸を使った「お風呂掃除術」

 

【姉妹サイト】

※ 同僚から「ヤセたね」と賞賛される!今スグできる体型別着やせテク
【参考】

※ 【激落ちくん】オフィシャルホームページ - レック株式会社

 

【画像】

※ steamroller_blues / Shutterstock