キスしたいってやっぱり言えない!察してもらう5つのアピール(Photo by jaspe)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】大好きな彼と一緒にいるとそれだけで幸せ。どんどん彼への想いが高ぶって、キスしたくなっちゃいますよね。でも、やっぱり自分から「キスしたい」って言うのは恥ずかしい…。それなら、言葉にしなくても彼に察してもらうようなアピールをしちゃいましょう。

【他の記事を見る】彼女にゾッコンの男性が取る行動

♥顔をすっと近付ける


お家デートのような、彼と比較的距離が近い時は、すっと彼に顔を近付けましょう。

顔を近付けることは、恋人にとってキスの合図。

きっと彼もあなたの気持ちを察して、キスをしてくれるはずですよ。

もちろん、顔が近付いたら目を瞑ることをお忘れなく。

♥黙って彼の目をじーっと見つめる


男性は女性から目をじーっと見つめられるとドキドキしてしまうもの。

大好きな彼女に見つめられてドキドキしたら、男としてはキスをしないわけにはいきません。

きっと彼も「キスして欲しいんだな」と察して、顔を近づけてキスをしてくれるはずですよ。

また、見つめても彼が全然キスしてくれない時は、勇気を出して唇を少し尖らせてみましょう。

ここまでされてキスしない彼氏なんていないはずですよ。

♥会話のトーンを変える


あなたがキスをしたくても、彼がキスをしてくれないのは、もしかしたらそんなムードじゃないからかも。

それなら、会話のトーンを変えていってキスしたいというムードを出していきましょう。

「ねぇねぇ」「だぁいすき」など、ゆっくりと甘えた声で会話するようにしてみてください。

それまでと違うムードで甘えてくるあなたに、きっと彼はキスしてくれるはず。

会話のトーンを変えて、いい雰囲気を作っていきましょう。

♥スキンシップを増やす


自分のキスしたい気持ちを伝えて彼にキスしてもらえても、それが心のこもっていないキスなら嬉しくないですよね。

愛のあるキスをしてもらうためには、やっぱり彼の気持ちも高ぶらせる必要があります。

そこで、キスしたい気持ちを察してもらえて、彼の気持ちも高ぶらせることが出来るのが、スキンシップを増やすこと。

手を繋いだり、腕を組んでみたり、もたれかかってみたり…。

少しずつスキンシップを増やしていきましょう。

きっと彼もあなたへの気持ちが高ぶって、キスをしてくれますよ。

♥彼をギュッと引き寄せる


デートの別れ際、彼がキスの一つもせずに帰ろうとしている…。

そんな時は、ちょっぴり強引に彼の手を引っ張って体を引き寄せましょう。

彼をギュッと引き寄せて、寂しそうな顔を見せれば、彼はあなたのことを愛おしくて愛おしくてたまらなくなります。

きっと愛がいっぱい込められた熱いキスをしてくれるはずですよ。

もしかしたらそこからデートの延長もあるかもしれませんね。

いかがでしたか?

言葉にするのは恥ずかしくても、ちょっとした態度や行動で示せば、彼も察してくれるはず。

あなたのキスしたい気持ちを彼に伝えて、熱い熱いキスをしてもらいましょうね。(modelpress編集部)