こちらが「閲覧注意」な、ストレスフルなサイト

写真拡大

「9月病」なんて症状があるらしい。よく知られている5月病同様、やる気がなくなり疲れやすいのに眠れなかったりする、いわゆる「うつ」状態になるのだとか。

【写真を見る】「デスクワークあるある」。主婦の日常にも「メールが消えた」「刻みまくったピーマンに子どもが気づく」「義母の電話が切れない」など似たイライラは潜んでいる

原因は、季節の変わり目で体調を崩しやすいことや、子どもの夏休みなので通常モードとの切り替えがうまくいかなかったりすること。そこまで深刻でなくても「ちょっと疲れたな〜」と感じる人も少なくないだろう。そんな時期、お疲れな人たちへさらなる追い打ちをかけるサイトが登場してちょっとした話題になっている。

逆にストレスいっぱいの「ストレスフル」をWEB上で体験しようという、一見、意味不明なサイト「FREE Tea キャンペーンサイト」(ポッカサッポロフード&ビバレッジ)である。昔から、あえてお涙ちょうだいものを見て大泣きしたり(いわゆる「涙活」ですね)、ホラー映画で震え上がってカタルシスを感じてスッキリするというストレス解消法があるけれど、そんな効果を狙っているみたい……!?

テキストが川のように流れて来て全然読めなかったり、顔写真がマウスの後を追いかけてきて目が疲れたり、一向に商品画像が読み込めずにグルグルマークだけが表示されたり。実に不愉快だけれどバカバカしさに笑えてくる自分もいて、元から抱えていたイライラと画面がぶつかりあって、かえってスッキリした!なんて人は、大ラッキー。

「画面が、妖怪にでもとりつかれたかしら……」と白目になりそうな画面なので、閲覧はあくまで自己責任だけど、もし、さらなる疲れを感じてしまったら、ストレス緩和素材であるGABAを加えたレモンティー「FREE Tea」でリフレッシュを。

ストレスは見て見ぬふりをせず、何かしら発散する手段を見つけたいもの。ときにはこんな逆転の発想も活用してみるといいかも。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】