ブラックホールをパクリ!宇宙イベントで食べられる漆黒のかきあげ丼

写真拡大

9月12日は宇宙航空研究開発機構(JAXA)によって制定された「宇宙の日」。毛利衛さんが日本人で初めてスペースシャトルに乗って宇宙へ旅立った日(1992年9月12日)を記念して設けられた記念日だ。

東京・六本木の森美術館では、2017年1月9日まで開催の「宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」にあわせて、9月12日より森タワー52階のミュージアムカフェ「THE SUN」にて「宇宙と芸術展」をイメージしたフードメニューの提供を開始する。

■まるでブラックホール!全てを吸い込みそうな漆黒の丼物メニューが誕生

このメニューのインパクトがまさに宇宙規模である。「ブラックホールかきあげ丼」 1,280円(税込)は、竹炭を加えた魚介(ソフトシェルシュリンプ・エビ・イカ・アサリ)のかき揚げの上に、ウズラの卵、金箔や銀シュガーをあしらい、太陽や宇宙の星々を表現。ご飯にも竹炭を加えて炊きあげたこだわりの一品だ。

■宇宙空間をグラスに閉じ込めた大人パフェ

宇宙空間をイメージした幻想的なスイーツ「惑星と時空間のパフェ」 900円(税込)もオススメだ。溢れそうなくらい器に大きく載ったアイスクリーム(ティラミスアイス、柚子アイス)は惑星をイメージ。器の中は、ゼリー(ブルーのソーダ味)、ブルーベリーソース(紫)、パンナコッタ(白)に、銀シュガーをちりばめ、銀河系をイメージしている。ミカンやチョコチップのアクセントも効いた、ちょっぴり大人なパフェだ。

これらのメニューは、9月12日から期間限定で提供される。ガッツリ系のどんぶりとロマンティックなパフェ、あなたはどちらをチョイスする?

「教えて!goo」では「ユニークなネーミングの料理を知っていますか?」への回答を募集中だ。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)