トータル4オーバー・6位タイでフィニッシュした永峰咲希(撮影:米山聡明)

写真拡大

<日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 最終日◇11日◇登別カントリー倶楽部 (6,750ヤード・パー72)>
 国内女子メジャー「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」の最終日。昨季に初のシードを獲得した期待の新鋭・永峰咲希はトータル4オーバー6位タイでフィニッシュ。今季7度目のトップ10フィニッシュを達成した。
日焼け対策ってどうしてる?第1回女子プロ徹底調査!
 
 途中、首位に1打差に迫った。が、「今日は少しでも上に行きたい」と優勝など意識せず、ボードも見ずにプレーしていた。しかし、15番のグリーンで「ギャラリーの方に“あともうちょっと”と言われて。そんな感じなんだと思ったらドキドキしちゃいました(笑)」。心に立ってしまった波風のせいか、最終ホールはボギーとしてしまった。
 しかし、現在の賞金ランキングは20位。来季のシード権も手中にしている。今季は北海道で5試合あったが、そのすべてでトップ10に入れたことが大きかった。「涼しいのも良いし、洋芝も好き。北海道、大好きです!」と笑顔が弾けた。
 現時点の目標は「残り試合で優勝して、リコーカップに出ることです」。最終戦リコーカップの開催地は地元・宮崎県。地元開催のメジャーで1年を締めくくることができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>