半分がフジ!2位めちゃイケ…昔は見ていたのに見なくなった番組1位は

写真拡大

昔はテレビが娯楽の中心でしたが、いまやテレビ以外の娯楽もたくさんあり、テレビをあまり見ないという人も多いでしょう。青春時代に毎週楽しみにしていたテレビ番組も、いまでは放送時間すら忘れてしまっていることも。

そこで今回『VenusTap』では、一般男女500名に「昔は見ていたのに最近すっかり見なくなったテレビ番組」について独自アンケートを実施。最も見られなくなってしまった長寿番組を分析します。

■1位は国民的アニメ“サザエさん”!

<昔は見ていたのに最近すっかり見なくなったテレビ番組ランキング>

1位・・・『サザエさん』(13.0%)

2位・・・『めちゃ×2イケてるッ!』(9.2%)

3位・・・『新婚さんいらっしゃい!』(8.4%)

4位・・・『とんねるずのみなさんのおかげでした』(8.2%)

5位・・・『SMAP×SMAP』(8.0%)

6位・・・『ぐるぐるナインティナイン』(7.0%)

7位・・・『ちびまる子ちゃん』(6.8%)

8位・・・『ミュージックステーション』(6.6%)

9位・・・『パネルクイズ アタック25』(5.8%)

10位・・・『開運!なんでも鑑定団』(5.7%)

なんと、最も見なくなってしまったテレビ番組は、国民的長寿アニメ『サザエさん』(フジテレビ系)でした。

「マンネリ化してるし、家族と過ごす時間が少なくなった現代っ子には共感できないところがある」、「最近のサザエさんはほっこりしない」というように、ストーリーのマンネリ化と、現代とアニメとの“時代設定”の乖離を感じるのが視聴離れの原因のよう。

核家族が当たり前の現代で、3世代がともに暮らす大家族はもはや時代劇的。隣家の人との井戸端会議やおすそ分け、勝手口から三河屋さんが御用聞きに来るなんていうのも、都心ではあまり見ない光景ですよね。

それにもかかわらず、まれに携帯電話やパソコンが登場する回もあり、昭和の古き良き時代と現代文化が入り混じったストーリー設定が、さらなる違和感を覚えさせるのかもしれません。

しかし、50年近くも放送し続け、ギネス認定もされている国民的アニメなので、終了となったらきっと寂しいでしょうね。

■マンネリ化が視聴者離れの原因?

ランクインした番組を見ると、いつ見ても内容が同じで変化のない印象。

3位の『新婚さんいらっしゃい!』(テレビ朝日系)は新婚カップルと桂文枝とのやり取りで、椅子から転げ落ちるお決まりのギャグが名物ではありますが、何百回と見ればさすがに飽きてきますよね。

また、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)は“食わず嫌い王決定戦”、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)は“ビストロスマップ”、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)は“ゴチになります”などそれぞれ名物コーナーがありますが、ゲストや細かい設定は違えどやはり毎回同じ印象。

どうしてもマンネリ感が否めないため、視聴者が離れてしまうのかも。

■ランクインした番組の半分がフジテレビ!

ランキングを見ていると、半数がフジテレビの番組であることに気づきます。

ここ数年、低視聴率にあえいでいるフジテレビですが、今回のランキングでもフジの視聴者離れが目立つ結果に。

月9のドラマもワーストを更新し続けており、視聴率年間3冠王に12年連続、7年連続で輝いた過去があったことが、いまでは信じられない状態です。

ネットでは「大物芸人出しとけば視聴率取れるだろっていう上から目線な感じのラインナップ」、「“視聴者”という一番大事な存在を置いてけぼりにした番組作り」、「視聴率とかノリに流されすぎて、矜持とか倫理観がない」という辛辣な意見が多数見られ、視聴者の信頼度が落ちているのかもしれません。

また、フジの中でも高視聴率だった『SMAP×SMAP』も、SMAPの解散により年内に終了予定。さらなるピンチが予想されます。

しかし、どん底にいるいまだからこそ、本当に視聴者が求める新しい番組作りにチャレンジしてくれることを期待したいものです。

いかがでしたか? 「飽きた」と思いながらも、最近見ていなかった番組を久々に見ると、意外と面白かったことに気づくことも。気になる芸能人が出る回だけでも、もう一度振り返り、青春時代を思い出してみてはいかがでしょうか。

【画像】

※ TOKYO, JAPAN - SEPTEMBER 7: Takashi Okamura and Hiroyuki Yabe of comedy duo Ninety-nine attend Fuji TV special program press conference  on September 7, 2014 in Tokyo, Japan. (Photo by Sports Nippon/Getty Images)