軽くて強いANCHOR新モデルは長距離が快適になるロングライド向き

写真拡大

日本を代表するスポーツサイクルブランド「ANCHOR(アンカー)」。ブリヂストンサイクルが手掛けるこのブランド最大の特徴は技術力だ。「進む」「引っかかる」「脚にくる」といった乗り手の感覚を細かく数値化し、製品化の際に活用する独自技術「PROFORMAT(推進力最大化解析技術)」が製品には活かされている。

そんなANCHORの17年モデルが発表された。中でも注目は「ANCHOR RL9(アンカーRL9)」というロングライドモデルのスポーツバイクだ。

この新作、感覚的な表現を借りれば、とにかくよく「進む」のだ。

[関連記事]日本製×オールカーボン!YONEXのロードバイクがスゴい

■乗り手の感覚を数値化することで生まれたスポーツバイク

 

ANCHOR RL9(アンカーRL9)は、「長く快適に乗れる」をテーマにPROFORMATで開発されたフレームを持つ。

細身でファッショナブルなフレームデザインながら、曲線や曲面の構造的強さを活かし、必要な箇所に必要な剛性感を確保。路面とケンカしない“心地よく、進む”走行性能を実現している。

さらに軽量化のため、カーボンフレームやフロントフォークなど各部の構造を見直し。これにより前作「ANCHOR RL8(アンカーRL8)」より6%もの軽量化に成功。さらにしなやかで、より進むバイクに仕上げられている。

ANCHORはスポーツサイクルでは一大ブランドだ。それだけになんとなく敷居が高いと思われている人もいるかもしれないが、考え、そして作り込まれた製品はやはり楽しい。競技で結果が出ればなおさらである。

秋は自転車競技にうってつけの季節。これから競技を始めようという人も、既に始めている人もANCHOR RL9(アンカーRL9)の「進む」技術を是非体験してもらいたい。

発売は2017年1月の予定。フレームセットで23万7600円。完成車は105モデルで33万4800円、アルテグラモデルで41万5800円、デュラエースモデルで66万9600円だ。

アンカー >> http://www.anchor-bikes.com

 

[関連記事]
日本製×オールカーボン!YONEXのロードバイクがスゴい

圧倒的な存在感!エアロフォルムが美しい限定発売のミニベロ!

スプレーで光を反射! 夜のランニングや自転車、ペットも安全!

(文/&GP編集部)