ヤクルトの山田哲人がまた背部に死球受ける 苦悶の表情で倒れこむ

ざっくり言うと

  • ヤクルトの山田哲人が11日の阪神戦で、背中付近に死球を受けた
  • 岩貞祐太の速球を背部付近に受け、苦悶の表情でしばらく立ち上がれなかった
  • 7月30日に受けた死球とほぼ同じ位置にもみえただけに、球場が静まり返った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング