富士スピードウェイがGT-Rで埋め尽くされた! 「R's Meeting2016開催」

写真拡大 (全9枚)

世界最大級のGT-Rの祭典に第1世代からR35までが集結!

「R’s Meeting2016」が、9月11日、静岡県の富士スピードウェイで開催された。このイベントは、日産スカイラインGT-R&日産GT-R専門誌「GT-R Magazine」が主催し、読者であるGT-Rオーナーとファン向けのメニューを豊富に用意しているのが特徴だ。

このイベントで目玉となるのが豪華ゲストによるトークショーだ。スーパーGTに参戦する日産ワークスドライバーの松田次生選手、かつてはGT-Rでレースに参戦していた荒聖冶選手は、プライベートカーとしてもGT-Rを所有するほどのマニア。

そしてR33GT-Rでスーパー耐久に参戦しシリーズ優勝した経験をもつモータージャーナリスト桂 伸一さん、GT-Rの開発ドライバーである日産自動車の加藤博義さんの4人によるトークは、多くの来場者をステージ前に集めていた。

総勢200台の歴代GT-Rがパレードラン

レーシングコースでは、GT-R限定のパレードランが行われた。

初代GT-Rであるハコスカ(PGC10型)からR32、R33、R34の第2世代GT-R、現行モデルのR35型GT-Rまで200台が一斉に走る様子は壮観。見ているだけでもワクワクしてしまう。


お子さんを乗せている人、カップルや家族4人とか、パレードランに参加している人たちすべてが楽しそうな表情をしているのが印象的だった。

そしてイベント後半には、エンジンオイル6リットルやマフラーなど、豪華賞品が用意された「じゃんけん大会」。プレゼントの数が多く、こちらも人気のイベントだ。

丸1日GT-R漬けで楽しめる「R’s Meeting」。オーナーはもちろん、所有していなくともGT-Rファンという人にとって年に1度の大切なお祭りである。来年もこの時期に開催予定なので、ぜひ会場に足を運んでほしい!