8日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本のセルフガソリンスタンドについて紹介する動画記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年9月8日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本のセルフガソリンスタンドについて紹介する動画記事を掲載した。

動画の記事では、軽自動車に乗った若い女性が、セルフのガソリンスタンドで給油する過程を紹介。タッチパネルで操作を行い、女性1人でも簡単に給油できている。ちなみに、この時のガソリン価格は、レギュラー1リットル当たり109円だ。

これを見た中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「やっぱり日本はいいなあ」
「車も含めて環境がすべてきれいだ」

「日本は給油設備ですらこんなに進んでいるのか」
「中国石油化工(シノペック)よりもずっと高級なガソリンスタンドじゃないか」

「日本の給油設備のレベルの高さを見ると、中国は20年たっても追いつけないと思う」
「これこそ真のセルフガソリンスタンドだ。これを見たら中国のセルフガソリンスタンドはごみだな」

「中国のセルフガソリンスタンドではレシートが出てこない」
「給油ノズルの形状が中国より科学的だ。中国のノズルはホースが真後ろにあって使いにくい」

「本当にルールをよく守るんだな。静電気除去シートにちゃんと触っている」
「レギュラーガソリンが1リットル109円。でも収入は中国の3〜4倍」
「平均年収450万円の日本人にとって1リットル109円は全然高くない。しかもガソリンの質は高いし」(翻訳・編集/山中)