犬の攻撃行動には4つの要因がある

犬は同性の犬達に囲まれたり散歩中に別の犬と遭遇したりすると、緊張感が高まり尻尾をピンと立て、お互い微妙に視線を逸らせながら相手の動向をうかがうことがあります。
これらは犬社会には欠かせない大事な行動です。
しかし、これらの術を知らない犬は『犬社会不適応』になっているのです。
攻撃性のある犬は、『躾が悪い』と一般的に言われますが、しかしその背景には大きく分けて4つの要因があります。
それは、『性別』『犬種』『育ち方』『病的なもの』です。
これらの要因が絡み合うと、攻撃的な犬になってしまいます。
もし攻撃的な犬になってしまったら、難しいとは思いますが性格の修正をしなければならないでしょう。

考えられる攻撃行動の原因

犬が攻撃行動をとるのは以下の原因が考えられます。

<縄張り意識>

縄張り意識とは、自分の支配テリトリーに関する意識の事であり、外での縄張り意識は勿論ありますが、皆様もご承知の通り家の中に於いてもあるのです。
例えば自分のケージ,寝床の周辺,車中,自分の食器が置いてある周辺などが縄張りとしてみているとされています。
このスペースに別の犬や知らない人が入ったりすると、唸り声を上げたり噛み付いたりという攻撃行動をとります。

<序列意識>

序列意識とは、犬同士1対1または群れの中での自分の立ち位置、つまり順位に関する意識の事です。
他の犬よりも優位に立ちたいという強い意識が怒りとなって、攻撃行動に出ます。
家庭内でもアルファー犬(自分がリーダーだと思い込んでいる犬)が攻撃行動をるケースが多い様です。
しかし、この意識は極めて多様な要因によって影響を受ける流動的なもので、犬種,性別,性格,去勢手術の有無,繁殖期,生活環境,ストレスなどで攻撃行動に出る場合があるとされています。

<フラストレーション>

フラストレーションとは欲求不満の事であり、満たされない欲求のためそれがストレスとなってり怒りの感情を生み出して攻撃行動をとる場合があります。

考えられる原因とされるのは、

スキンシップが足りない散歩が足りない留守番が多いヒート時のメス犬の匂いが気になる

など、何らかの欲求不満が蓄積されると攻撃性が高まります。

<恐怖心>

攻撃行動は恐怖心から起こる場合があります。
恐怖心が限界を超えると『怒り』に変貌し、それは『戦う』行動を誘発させます。
『窮鼠猫を噛む』と言う状態になった犬が、恐怖心の一定レベルを超えてしまう事で残された最後の手段である『噛み付く』と言う攻撃行動が生み出されます。

<独占欲>

犬はドッグフードやオヤツ、またはお気に入りのオモチャなど、自分のものだと認識しているもの独占しようとします。
それらを他の犬や人間が奪おうとすると、それが怒りとなって現れ、攻撃行動に転じる場合がありますが、これは人間も同じです。

自分の所有物を見知らぬ人に突然奪われたら、誰だって怒るでしょう。
正常な人間には理性がありますから、いきなり暴力を振るったりはしませんが、犬は怒りの頂点に達すると究極の攻撃行動である【噛み付く】と言う行動に出ます。

<恋敵への怒り> 

これは私も驚いています!
まさか犬が恋敵として、別の雄犬に対して攻撃行動をとってしまうなんて・・・。
人間のペットとなった犬にも、未だこう言う本能が残っているのですね!

ヒート時の雌犬が盛んにフェロモン出すと、雄犬は交尾に対する欲求が急激に高まります。
その思いを遂げるためには他のオス犬は邪魔な存在になるのです。
その邪魔な存在を排除しなければ雌犬にアプローチ出来なくなります。

『雄犬は雌犬を独占したい』という強い願いが恋敵に対する怒に発展します。
そうなったらもう大変です。
怒りの頂点に達した雄犬同士は、交尾相手獲得のために激しいバトルが展開されます。

<先天的異常>

闘犬を目的として生み出された犬種の中には生れ付き怒り易い犬もいます。
これはでセロトニン(脳内伝達物質)の放出過多が影響する先天的な異常ではないかと言われています。

<母性本能>

雌犬が母性に目覚めると怒りっぽくなり、我が子を守るために唸り声を上げたり吠えたりします。
例え飼い主であっても子犬を抱き上げようとすると、手に噛み付くことも珍しくはないのです。
また、想像妊娠中の犬はオモチャやぬいぐるみなどを我が子と見なし、取り上げようとすると唸り声を上げる事もあります。
最悪のケースになると、ストレスにより、『母犬が子犬を食べてしまう』という悲惨は事態を招く場合もあるそうです。

以前、私も同じような話を聞いた事があります。
これは猫の話なのですが、友人の飼い猫(母猫)が子猫を頭だけ残し食べてしまったというショッキングな出来事がありました。
今から思えば、あれは産後のストレスだったのですね。

<その他>

病気や怪我によって何処かに痛みや不調を感じると、犬は自分の身を守るために安静にしようとする本能があります。
その様な時に近づいたり触れたすると、怒りで攻撃行動を引き起こすケースがあります。

まとめ

問題行動犬になってしまった場合、正確の修正や躾直しは素人では多分無理でしょう。
その様な場合、【臨床行動学の専門家】や、臨床行動学を学んだドッグトレーナーに頼るのが最善策であると思われます。
専門家だと命に関わる様な咬傷事故を予防できますし、難しい攻撃行動の原因を的確に把握してくれます。
そして最も効果的であり、的を得た躾方法をアドバイスしてくれますし、必要性があれば【投薬治療】も可能です。

どんなに攻撃性のある犬になってしまっても、愛犬を思う気持ち,愛犬を深く愛する気持ちを持ち続ける事です。
専門家の力と、自分が愛犬を強く愛する気持ち合体させれば、きっと良い結果に繋がると思います。
それを信じて愛犬と付き合って行って下さい。

この記事を参考に、攻撃的なワンちゃんと飼い主様が幸せになれるよう、願っております。