マンガ家や小説家など、作家自らがTwitterから発信することが一般的になって久しい。応援している先生が、イメージとはかけ離れたツイートをしているのを見てしまい、複雑な気分になったことがあるファンもるのでは…?

 そんななかTwitter上では、作家たちのツイート内容をタイプ別に分類した画像が話題になっている。

 投稿者はタイムラインで見る作家たちを、「神タイプ」「無自覚炎上タイプ」「自覚有炎上タイプ」「温厚タイプ」「生活丸見えタイプ」「謎タイプ」「本職は…おや? タイプ」の計7タイプに分類し解説。

 たとえば、「自覚有炎上タイプ」の作家は、わざとケンカ腰であったり極論をぶつけたりして認知度を広める。しかし、ファンは「いつものことか」と理解しているそうだ。

 また、「本職は…おや? タイプ」は、すさまじいネタツイートでファンであるかを問わずざわつかせるが、実は常識人で炎上はしないとのこと。

 Twitterユーザーからは、小説家の有川浩さんが「神タイプ」、イラストレーターの岸田メルさんは明らかに「本職は…おや? タイプ」ではないかとの声があった。

 クリエイターもそうでない人にも当てはまりそうな分類表。自分のツイートがどのタイプかを考えて、セルフブランディングの参考にしてみては?

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら