『「バーミキュラ」でパンを焼く』(高橋雅子/PARCO出版)

写真拡大

 パンとワインの教室「わいんのある12ヶ月」を主宰している高橋雅子さんの書籍『「バーミキュラ」でパンを焼く』が、2016年9月2日(金)に発売された。

 「バーミキュラ」とは、鍋とふたの密封性が高く、無水調理も可能な鋳物ホーロー鍋のこと。テレビや雑誌で紹介され人気に火がつき、国内外から注文が殺到、納品まで約7カ月待ちになるほどの注目を集めている。

 そしてこのバーミキュラは、抜群の密封性と熱伝導のよさで、実はパンを焼くことにも適している。作り方は簡単。生地をバーミキュラに入れてオーブンへ入れるだけで、外はパリッと、中はしっとりのおいしいパンが焼き上がる。発酵や成形が簡単のため、初心者でも安心して作れるのだ。

 同書ではカンパーニュ、フォカッチャ、ちぎりパンなど約30種を紹介。工程も写真付きできっちり説明してくれているので、作業もしやすい。まずはそれぞれのバーミキュラパンのベースとなる生地の作り方をマスターして、自分なりにアレンジメニューに挑戦してみるのもいいかもしれない。

※掲載内容は変更になる場合があります。