幸せオーラが身につく!今日からできる「丁寧な暮らし」の習慣3つ

写真拡大

秋の気配を感じつつ、「今年のクリスマスこそ素敵な彼を!」と願い、婚活に力を注いでいる方もいるでしょう。出会いの数だけ確率も上がりますから、積極的に人と出会うことは重要です。

ただし、あまりにも必死な形相になると、男性も近寄りがたくなりますから、“まずは自分一人でも幸せな暮らしをおくる”というぐらいの余裕を持つと、自然と魅力がますようです。

『フランス人は10着しか服を持たない パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣』という本にはヒントが多々隠されていますので、今すぐできる丁寧な生活の仕方を知り、実践してみませんか?

■1:いいモノは特別な日ではなく普段に使う!

洋服やかばん、下着などは特別な日用ではなく、いいものを毎日使うようにしてみましょう。“特別な日”はやってこないかもしれませんし、一年に何度あるかわからない日にエネルギーをそそぐより、日々を大切にしたほうがシアワセ度は増すでしょう。

また、家具や食器からプラスティック製品を排除していくというのもわかりやすい例です。プラスティックの棚より木製のほうが癒やされますし、プラスティックのカップよりグラスで飲むビールのほうが美味しく感じます!

■2:「やりたいことリスト」を作ってテレビ・ネットの時間を減らす

テレビも気晴らしとしては悪くないと思いますが、もっと“夢中になれること”に費やしたほうがシアワセではないでしょうか。夢中になることがないという人は、まずは“やってみたいことリスト”を作ってみてください。できるだけたくさん書き出しましょう。

かけたら、時間があるときにその中から1つずつ実行してみましょう。どこかで夢中になれるものに出会うかもしれません。

■3:なんでもできるだけ手作りする

もちろんケーキや洋服まで手作りできればいいのですが、それはなかなか難しいかもしれません。肝心なのは「無理なく、できることからやる」ということですから、もっと気軽に考えましょう。

例えばあなたは自動販売機やスーパーでペットボトルのお茶を買っていませんか? とくに夏は家の冷蔵庫に常備しているという人もいるかもしれませんが、お茶はできるだけ家で作りましょう。

簡単ですし、なによりお茶本来の味わいが楽しめます。ペットボトルを買うお金があれば、ちょっと奮発していい茶葉を買うこともできるでしょう。

また、トマトとチーズでカプレーゼを作るときにちょこっとほしい“バジル”は、スーパーにいくと葉っぱが数枚で300円します。お花屋さんにいけば、100円で苗が買えますから、バジルや大葉など、ちょっと必要なときのために育ててみるというのもよいでしょう。

相手が植物でも、“育てる”ことから得られる感情もありますし、自分で育てたものをありがたく頂くというのはシアワセの一部かもしれません。

以上、今すぐできる丁寧な生活でしたが、いかがでしょうか?

毎日の生活が充実し、幸せを感じるようになると嬉しいですよね! 婚活やコンパでも話題として話をすることもできますし、そういうあなたに魅力を感じる男性も少なくないはず。丁寧な暮らしを心がけて、幸せを感じながら充実した毎日を送りましょう!