そのTo Doリスト必要ですか? 後編【マインドフルネスでいまを生きる】

写真拡大

日々のTo Doリストを見直したら、次はもう少し長い目でスケジュールを眺めてみます。行きたいライブやコンサートがあるのに、あるいは旅行に行きたいけれど、休めるか分からないから......と予定に入れるのをやめていませんか? そして結局は、やっぱり仕事がはいってしまった......なんてことになっていませんか?
行きたい場所やしたいことがあるなら、それは最優先の項目です。私たちは誰かのために生きているわけではありません(その逆もしかりで「私」のために生きているひとはいません)。自分の人生を生きる、ということはつまり、自分のために生きるということです。そうしてしあわせや豊かさを体験してはじめて、それを周りに伝播させていくことができます。自分が持っていないものは人にはどうしたってシェアすることはできません。
行きたいライブがあったら、まずはスケジュール帳に書き込んで、チケットをとります。旅行に行きたかったら、それもスケジュールに組み込みます。自分の人生をデザインするのは自分自身です。まずはそれを「する」と決めることが大切です。自分が決めなければ、誰も決めてくれません。自分が決めなければ、なにも実現しないのです。
自分がどうしたいのかにまず気づきましょう。気づいたら、それをすると「決め」ます。なにかについて「したい」と言うことは、そのなにかを「しない」と言っていることと同じです。たとえば、「旅行に行きたいなあ」のあとにはたいてい「でも時間がないし」「休めないし」「お金がないし」などがついてきています。つまり「旅行に行きたい」は「旅行に行きたい、けど行けない」なわけです。言葉には言葉以上の意味がついていることに注意深くありましょう。いずれにしても、大事なことは、決めることです。それは自分の意図をきちんと持つ、ということでもあります。
今日の1枚:
コスモスが咲いていました。花は、自分が咲くべきときに咲きます。今年も残り4分の1。自分の歩きたい道を歩いているでしょうか。
前編に戻る>>

>>マインドフルネスでいまを生きる連載記事一覧
必要な睡眠時間は体が知っている 前編・後編
人生はシンプル。望ましい望ましくないも自分次第 前編・後編
思い込み丁寧な暮らしにしばられない 前編・後編
立ち止まり自分をまんなかに戻す 前編・後編
自分とは至福である。呼吸はしあわせへの近道 前編・後編

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。