10日、女優のリン・チーリンが中国のバラエティー番組で、「誰も書いてくれなくなった」とラブレターが届かなくなったことを語っている。写真はリン・チーリン。

写真拡大

2016年9月10日、女優のリン・チーリン(林志玲)が中国のバラエティー番組で、「誰も書いてくれなくなった」とラブレターが届かなくなったことを語っている。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

女性タレントがファッションセンスを競うリアリティー番組「我的新衣」で、レギュラーメンバーとなっているリン・チーリンがこのほど、収録中に語ったもの。かつての趣味は「ラブレター集め」だったことを明かし、「今は誰も書いてくれなくなった」と話している。以前は降るように届いたらしいが、すでにパタリと止まってしまったことを、自虐を込めて語ったものだ。

台湾の「3大剰女(売れ残り女性)」で、いきなり最後の1人となってしまったリン・チーリン。仲間だったはずの女優ルビー・リン(林心如)とスー・チー(舒淇)が、それぞれ今年7月と今月初めに相次いで結婚してしまったせいだ。今年42歳で、もともと「3大剰女」の中で最高齢だったリン・チーリンだが、いつ誰とゴールインするのか、再び世間の関心を集めている。(翻訳・編集/Mathilda)