61年前と同じ“種類”のケーキではなく、正真正銘そのときにつくられたものの一部を今も食べ続けているのだそうです。えっ、だ…大丈夫なの!?

“1955年”のお味は?

アンさん(82)とその旦那さん(86)は、毎年8月になるとお皿にちょこんとのった黒いフルーツケーキ(!)を棚から取り出します。結婚式でカットしたものの一部だそう。「FLORIDA TODAY」に掲載されたコメントがまた凄いんです…。

「乾いちゃってたので、食べるためにブランデーにつけたの。味はまあ、問題ないわ。それからずっと食べてるのよ。随分長いこと続けているの。

腐りはしないけど、水分がからっきし。だから毎年湿らせてる。母が作ってくれたもので、一番上の段だったところよ」。

幸い、家族が誰も食べたがらないのでまだなくなっていないとか。大きさは4×3インチ(10cm×7.5cm)ほど残っているようです。

もはや恒例行事で、少しづつお祝いのために食べるのがお決まり。体に毒どころか「長生きの秘訣だわ」とも。

結婚式の思い出や母親の気持ちが詰まったものが半世紀以上残り続けていること自体が貴重とはいえ、まさかそれを食べ続けているなんてビックリ。ただ、愛ある証拠でもあるし、なんとも微笑ましい話ですよね。これからも末永くお幸せに!

Licensed material used with permission by FLORIDA TODAY
※本記事では、一部誤解を招く表現があったため加筆・修正を加えております。2016/09/12 10:10