花粉を一年中無力化

写真拡大

パナソニックは、加湿空気清浄機「F-VXM90」と「F-VXM70」を2016年9月15日に発売する。

空気中の水に高電圧を加えることで生成されるナノサイズの微粒子イオン「ナノイー」を発生させるデバイスの放電部を改良し、花粉などへの抑制効果があるOHラジカルを10倍生成する新デバイス「ナノイーX」を搭載。地域や季節に関係なく、飛散する花粉の無力化を実現し、床やカーテン、衣類に付着した花粉も「ナノイーX」が空気中に放出されることで無力化する。

新形状の「ツインルーバー」を採用し、空気を左右に分けて2本の気流(=ダブルフロー)を送り出せる。これにより、従来品の吸い込む気流が吹き出す気流に誘引されて一部発生していた舞い上がりを軽減し、花粉除去性能を従来品の約2倍に向上している。

汚れの粒子を検知する高感度ハウスダストセンサーのセンシング技術が進化し、花粉の大きさに近い大きめの粒子の見極めを可能にした新「花粉撃退モード」を搭載。粒子の大きさに合わせた4種類の気流制御を実現し、汚れに合わせたきめ細かい運転が可能。

いずれもオープン価格。実勢価格(税別)は、上位モデル「F-VXM90」が9万1000円前後、下位モデル「F-VXM70」が6万7000円前後の見込み。