無料マネーセミナーって怪しい?行ってわかった無料のカラクリ

写真拡大

 朝夕に秋の匂いを感じ始めた今日この頃、教養を高めるのにふさわしい季節到来です。たまには座学もいいよね、と私・森と相棒・尾山がお金の勉強をしてきました。

◆なんで無料? ド初心者が疑いながら行ってみた

 至るところで開催されているマネーセミナーですが、常々不思議に思っていたのが、ほぼすべてが無料だということ。主催者がうさんくさい会社だったり、逆に金融系企業が絡んでいて勧誘目的が見え見えだったり。参加してみたいけれど恐い、と躊躇している人もいるのでは。森も尾山もそのひとりでした。

 今回選んだのは、金融とは無関係の大手企業が主催している、女性向けマネーセミナーです。

 会場は都内某所のファッショナブルなビル。下層階が商業施設、上層階がオフィスや貸し会議室となっていて、閉じ込められる心配もなさそう(どこまでも疑ってかかる森と尾山)。

 講師はFP(ファイナンシャルプランナー)資格を持つ50代の男性。参加者は30代〜40代の女性8人ほどでした。

 授業内容は……

1.お金の基本
2.お金の増やし方
3.お金の守り方

 ざっくりと、この3本柱です。

「1.お金の基本」は、お金の収支にスポットをあてたライフプランのようなもの。教育資金、住宅資金、老後資金を年代別に表にし、おおよその金額を算出していきます。女性の場合、結婚か非婚かの選択でライフプランもかなり違ってくるけれど、どちらにしても一番の心配は老後のことではないでしょうか。

◆老後マネーの現実を知るのには役立った

 アラフォーの森もアラサーの尾山も「老後のために貯蓄を!」と時々議論しますが、曖昧なままお茶を濁していたりします。老後って、直視したくない現実のひとつなんですよね。

 そういう蓋をしておきたい未来予想図の雛形を、講師がホワイトボードに記したり、資料として示してくれたのがよかったです。

 とかく人って、自分だけは大丈夫、とか、自分だけは何とかなる、って根拠なき自信を持ってしまうもの。老後に対して悲観的になる必要はありませんが、知識としてインプットしておいて損はありません。

 他、前半の講義はお金の預け先について。各種銀行の低金利ぶりに驚かされます。盗難や天変地異の恐れはありますが、タンス貯金を真剣に考えた森。預けて増えないなら、手元に置いておいた方がいいのでは、と思いますよね。

 ここで休憩時間。なんとケーキとコーヒーが運ばれてくるではありませんか。これも無料? わりといいケーキ&コーヒーで、しかもおかわりOKですって(森も尾山もお断りしたのですが、なぜか私達の机にだけケーキが置かれました。がめつそうに見えたのか?)。

 スイーツって女心をくすぐるんですよね。しかし百戦錬磨の森と尾山、何かおかしいな、とこの辺で気づくわけですよ。

◆講師が急に、保険商品を熱く語り出して…

 後半は、いよいよお金の増やし方(殖やし方)について。

 真剣に講義に耳を傾けていましたが、森と尾山が引っかかったのが、講師の物言いです。

「せっかくのご縁ですから」「ここだけのお話ですが」etc.話の節々にサブリミナル効果のように同じ言葉を差し挟むのです。

 確かに身になる内容ではあったので、心理戦とは疑わなかったのですが、お金を増やす、お金を守る、の議題に入ったとたん、保険商品を熱く語り出したのです。利率の良さ、掛け金の低さなどの概要は説明しますが、肝心の商品名は明かしません。

 あげくに「私も実際にやっています。ありがたいことに増えています」とニッコリ。

 さらにお決まりの、「もっと詳しくお知りになりたい方は、個別無料相談にお越しください。無料です」のセリフ。また無料かよ。