現地時間で9月2日。炎が立ち上るロンドン・テムズ川周辺の様子を撮影した画像や動画がSNSに溢れた。

投稿内容をいくつか見てみよう。

「ロンドンが燃える姿を眺めている」。
「範囲はどれくらいだったのかなあ」。
「綺麗だね〜」。

なんて悠長な…。と思いきや、この大火事には理由があった。

350年前の歴史を振り返る、
記念式典だった!

この日行われた「London 1666」は、アーティストのDavid Bestによるもの。「ロンドン大火」から350周年を祝い、17世紀当時の街並みを再現した。

The Great Fire Of London」によれば、火事が起きたのは1666年9月2日の1時。パン屋のかまどから燃え上がった火の粉が広がり、4日間街を燃やし続けた。結果、40万人もの人々が暮らしていたロンドンで、10万人が家を失うことに。死傷者の数はいくつか報告されているが、はっきりとはわかっていない。

木造建築がほとんどだった当時、こうして街が焼失するのは初めてではなかった。後にロンドンの火災対策は進歩を遂げ、木造建築の禁止や、世界初の火災保険が生まれるに至った。

これは、その歴史を振り返るための記念式典だったというわけ。当時と同じく6日までイベントは続いた。現地の様子は、下の「Visit London」の動画で確認できる。

Licensed material used with permission by ceebs71,shan.nahs