何アピール?同性に反感を買う「SNSの危険なブランディング投稿」3つ

写真拡大

ちょっとした日常をSNSに投稿すれば、頻繁には会えない友人との近況報告の場にも使えるので便利ですよね。仕事が忙しいと、なかなか友人と会う機会も作れないので便利な時代になりました。

一方、SNSでは“こうなりたい”という自分をブランディングするために、投稿内容にちょっとだけリア充な自分を盛ってしまう女性もいるのだとか。

でも、リア充狙いの投稿って、見ているひとは瞬時に見抜くものですし、同性ほど「あ! わざとアピール?」って気づきやすいものです。

そこで今回は、20代から権謀術数な場所に市議として身を置いていた筆者が、SNSで同性に反感を買う危険なブランディング投稿を3つご紹介しましょう。

アピールのつもりじゃないのに、誤解されるとソンですよ!

■1:スッピンじゃないのに「スッピンだから閲覧注意」

プライベートな時間の一コマを投稿するにあたって、ガチのスッピンじゃないけれど簡単なメイクしかしていない写真を載せるとき、「スッピン閲覧注意!」的なコメントとともに投稿する女子もいます。

けれども、同性は本当のスッピンとナチュラルメイクでスッピン風な顔を瞬時に見分けるもの。だからこそ、「このコメントは何目的!?」と不快な気分になることもあるんです。

男性からの「スッピン可愛い!」コメントを期待しているのだろうか……と、邪推しつつイヤ〜な気分になる同性もいるので超危険です。

スッピンを載せるときには、わざわざ「スッピンで〜」というコメントを入れないほうが好感度がアップしそう。

■2:全然ブスっぽくないのに「超ブスな写真〜」

女性は、自分自身のベストな表情を熟知しているもの。なので、自撮り写真を投稿するときには納得した顔のみを投稿するひとも少なくありません。

けれど、集合写真など複数人が写っている写真では満足できる顔じゃない写真を投稿しなくちゃならないときだってありますよね。

けれど、わざわざ「ヤダー。私が超ブスな写真!」などと言い訳を乗せつつ投稿するのには、大しておブスに写っていない写真に添えたときほど同性の反感を買ってしまうものなんです。

本人的には本気で“おブス写真”だと思っているのかもしれないけれど、実際には目が半開きなど余程の変顔でない限りは、自ら「超ブス」のコメントをつけて投稿するのは控えたほうがベターかも!

■3:ナンパの様子を撮った写真ではないのに「今日もナンパされちゃってうざかったー」

女子会などの様子をアップするにあたって、その場でナンパされていたりすると「なんとこの後ナンパされました! 私なんかをナンパするなんて奇特な男子だわ。プププ」などの自虐的コメントとともに“モテます”自慢をしているかのような投稿をしている女子もいますよね。

自虐的な話を投稿しているので同性からの好感度も高いかと思いきや、じつは意外と引かれちゃっているのが現実。

ナンパされることが少ない女子にとっては、「はいはい。結局モテ自慢よね」と冷ややかな目で見られちゃうリスクが潜むんです。

“ナンパ”が事実だったとしても、投稿写真はナンパされている瞬間のものではないはずですし、わざわざ公表しなくてもイイ事実なのかもしれませんね。

以上、SNSで同性に反感を買う危険なブランディング投稿でしたが、いかがでしょうか?

“私ってこんなひと”というのをわかってほしくて、ちょっとブランディングを意識した写真やコメントを投稿するひともいます。けれど、わざわざ同性から反感を買う投稿をしてしまえば、リアルな人間関係にも影響がありそうですよね。

「コレって何アピール!?」と不快にさせちゃう投稿は極力避けておくのが、オトナ社会人女子のマナーのひとつといえそうです。

同僚に見られて不快に思われちゃうなんて、絶対にソンですよね!