山崎賢人(左)と広瀬すず(右)

写真拡大

広瀬すず、山崎賢人がW主演をはたした『四月は君の嘘』の初日舞台挨拶が9月10日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、広瀬、山崎をはじめ、石井杏奈、中川大志、檀れい、新城毅彦監督が登壇した。

この記事(『四月は君の嘘』初日舞台挨拶)のその他の写真

満員の観客を見渡した広瀬が「とにかく今日という日をものすごく楽しみにしていました」と挨拶すると、山崎も「やっと初日を迎えることができました。朝からこんなに集まっていただいてうれしく思います」と続けるなど、晴れやかな表情の2人。

原作は「月刊少年マガジン」で連載され、累計発行部数500万部を突破した新川直司による同名コミック(全11巻)。そんな人気作のヒロインを演じるにあたり、「死ぬほどプレッシャーがありました。死んじゃいそうでした」と振り返った広瀬。「原作ファンの中には(広瀬が演じたヒロイン)宮園かをりが生きているので、そこに命を吹き込んで演じるのがすごく難しく、今までにないチャレンジだなと思っていました。でも、現場にはカラフルな世界観があって。みんなで一緒になってその世界に染まっていったから、それが支えになりました」とコメントしつつも、「これ以上しゃべるとグワーッとなっちゃうから」と感極まった様子を見せた。

この日はツイッターで募集したという約1250通にもおよぶファンからのメッセージの一部を紹介。名セリフが次々と登場する作品ということで、そのメッセージの内容は、それぞれのキャストのセリフが好きだ、というものが多く、そんな流れから司会者が「みなさん(名セリフを)聞きたいですよね」と観客に提案。会場が歓喜の声に包まれる中、まずは石井が山崎に向かって「だから、あんたは私と恋をするしかないの!」と思いをぶつけるシーンのセリフを披露することに。「涙が出てきそう」と照れくさそうな様子を見せた石井は、「原作を読んでいてすごく印象に残ったシーンだったので、すごく悩みました。でもとにかく全力でやろうと思って、全力でやりました」と述懐。それを聞いた広瀬も「(撮影から)一年越しで生で見ることができて興奮気味です。やっと本物が見られました」と笑顔を見せた。

続けて中川も、山崎に向けて語りかける劇中のセリフ「無理かどうかは、女の子が教えてくれるさ」を披露することに。会場が「キャー!」という歓声に包まれる中、広瀬も「このセリフも現場でずっと言っていたセリフだったんで、一年越しに本物が見られて良かったです」と満足げな表情。この日もとても仲がいい山崎と中川に対して、司会者が「どこが好きですか?」という質問を投げる一幕も。それに対して中川が「全部好きですね」と切り出せば、山崎も「そうですね。全部ですね」と返答し、会場は大盛り上がり。広瀬、石井、中川がそれぞれ1998年生まれ、山崎が1994年生まれと、キャスト陣はほぼ同世代ということで、この日は終始、和気あいあいとした舞台挨拶となった。