大人と違う!親が知るべき「子どもの頭痛の特徴と症状」とは

写真拡大

少し前まで「頭が痛い」と泣いていた子どもが、いつの間にか元気に走り回っている……なんてことを経験したことはありませんか?

ケロッとしている子どもを見て、「あの頭痛は嘘だったんじゃ……」と勘ぐってしまうこともあるかもしれません。しかし、実は子どもの頭痛は大人のそれとはちょっと違います。

大人の頭痛と何が違うのか、どんな症状なのかを把握しておかないと、子どものSOSに気づかずに、長い間痛い思いをさせてしまう可能性もあるんです。親として、そんな事態は避けたいですよね。

そこで今回は、子どもの頭痛の原因やその特徴などについてご紹介します。

 

■1:子どもの頭痛の特徴

子どもに起こる頭痛の多くは、前触れや初期症状がなく、突然痛み出すことが多いと言われています。大人でも前触れもなく頭痛が起きることはありますが、子どもの場合は特にその傾向が強いようです。

元気な子どもが急に頭痛を訴えても、「ウソついちゃダメ!」などとたしなめず、少し休ませてあげるように心がけましょう。

子どもの頭痛の多くは、片頭痛か緊張型頭痛であるといわれています。緊張型頭痛とは、片頭痛ほどの痛みはないものの、頭が締め付けられているような頭の重い症状が特徴です。

 

■2:大人の片頭痛との比較における違い

では具体的に、大人の偏頭痛と子どものそれとは、何が異なるのでしょうか? 項目別にチェックしていきましょう。

(1)持続時間の下限が短い

大人の場合、片頭痛の持続時間は4〜72時間程度が一般的とされています。一方、子どもの場合は1〜72時間とされており、大人に比べて持続時間の下限が短い傾向にあることがわかります。

(2)両側性

片頭痛の際、どの場所が痛むかという点でも、子どもと大人には違いがあります。大人の場合は片側性(頭の片側だけが痛い)なのに対し、子どもの場合は両側性(左右どちらも痛む)であることが多い傾向にあります。

また、痛みは前頭側頭部に起こることが多く、後頭部が痛むことはあまり無いようです。

(3)腹痛

子どもによっては、1〜72時間にわたる激しい腹痛ののち、片頭痛を引き起こす場合もあります。これを腹部片頭痛と言います。

日常生活ができないほどの激しい腹痛に見舞われることも多く、場合によっては顔面蒼白になって、目の下にクマができることもあります。

子どもがこうした状態に陥ってしまった場合は、その後の偏頭痛にも注意しましょう。

(4)嘔吐

1時間から長ければ5日間にわたる嘔吐ののち、片頭痛となる場合があります。これを周期性嘔吐症と言います。

この場合の嘔吐の症状はひどく、1時間に4回ほど繰り返します。しかしその後は、自然に改善されていくため、片頭痛との関連を疑わない人もいるかもしれません。

(5)めまい

数分から数時間のめまいののち、偏頭痛に至る場合があります。これを小児良性発作性めまいと言います。

重度のめまいを引き起こすこともありますが、多くが自然に回復に向かうことが多いようです。めまいと同時に、本人の意志にかかわらず、眼球が動く眼振や嘔吐に見舞われることもあります。

他にも、頭が傾いてしまう良性発作性斜頸(しゃけい)なども、子どもの片頭痛に関連して起こる症状とされています。

上記のような疑わしい症状が見られた後に、子どもが頭痛を訴えている場合は、片頭痛と考えてよいといえるでしょう。

 

いかがでしたか? 大人か子どもかにかかわらず、頭痛はただでさえわかりにくい症状の一つ。さらに頭痛の前後に元気に走り回っている姿を見ると、大人はつい子どもが本当に頭痛に悩まされているのか、疑いたくなってしまいますよね。

急に子どもが頭痛を訴えてきた時は、真偽を疑い子どもを責めるのではなく、片頭痛である可能性を疑ってみるのがいいかもしれません。

ただし、ひどい頭痛を訴えるようであれば、別の病気の可能性もあるかもしれません。たとえそれまで元気であっても、一度医師に相談してみたほうが良いでしょう。

 

【関連記事】

※ 頭痛の症状からタイプを見極めて原因・治し方・対策を考える方法

※ 二日酔いの朝はじゃがいもで解消?「頭痛に効く」食品3つ

※ 痛みの度に薬を飲むことに抵抗があるなら!「薬に頼らない頭痛の治し方」3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 成功者続出!ホンモノの水素水を使ったエイジングケアって

※ お鍋で作れる!? 夏バテ気味な身体にうれしい簡単「パエリア」

※ 1回でウエスト-7cm!? 「セルライト対策」とっておきの秘訣とは

 

【姉妹サイト】

※ 2人目…どうしよう!悩んだら早めに「家族と話し合うべきこと」3つ

 

【画像】

※ Kalmatsuy / Shutterstock

※ wavebreakmedia / Shutterstock

※ XiXinXing / Shutterstock