1日限定10本!ブランデーが香る、京都の日本茶専門店が作った抹茶ロールケーキ

写真拡大

京都の日本茶専門店「清水一芳園」のロールケーキは、ブランデーの香りがふんわり広がる大人なロールケーキ。

通常のロールケーキの3倍もの時間をかけて生地を練り上げ、手作業できめ細やかに巻いていく必要があるため、現在は1日10本の限定生産だそうです。

最高級抹茶をたっぷり使用。甘味と苦みのバランスが◎

色・香りともに最高級の京都産抹茶を、たっぷり練りんだ生地は、お茶の甘みと苦味のバランスが絶妙。そして、とろけるような口どけのロールケーキに仕上がっています。

生地に使用している抹茶の量は、なんと薄茶10杯分にあたるそう。日本茶専門店だからこそ作れた、ぜいたくな味わいです。

高級ブランデーの風味と上品な甘さの白餡が合う!

生地に巻き込んでいるのは、生クリームではなく国産白餡! しかも、白餡には高級ブランデーの代表格として知られる「レミーマルタン(VSOP)」を加えているので、ぐっと上品な風味になっています。

バニラやヘーゼルナッツのような心地よいブランデーの香りが広がる濃厚な抹茶生地は、なかなか出会うことができない味わいで、クセになりそうです。

抹茶スイーツ好きも、ロールケーキ好きも、ぜひお試しあれ♪

ことりっぷの最新記事