40歳を過ぎたら検査を

写真拡大

【チョイス@病気になったとき】(Eテレ)2016年8月27日放送
「まとめスペシャル 気になる大腸・胆のうのポリープ」

 

40歳を過ぎると、4人に1人は大腸にポリープができると言われる。ポリープとは、粘膜がいぼ状に盛り上がったものだ。

 

番組で紹介された中田嘉昭さん(58)は、大腸内視鏡検査で、1.8センチと4ミリのポリープが見つかった。どのような処置をしたのだろうか。

超高性能カメラがポリープを探し出す

 

中田さんは、大腸にポリープが見つかった時に相当ショックを受けたという。内視鏡検査でモニターに映し出されたポリープのひとつは、1.8センチと腸をふさぐほどの大きさだった。MCで俳優の八嶋智人が思わず「ブロッコリーみたいでしたよ」と表現した。

 

東京都立駒込病院消化器内科部長の小泉浩一氏は、「大腸ポリープの多くは、将来がんになる可能性のある腺腫(せんしゅ)と呼ばれる良性の腫瘍」と説明した。

MCの大和田美帆「必ず(がんに)なるというわけではないんですか」
小泉医師「必ずではないですが、中にはがんに育っていくものがあるのは確か」
 

今日、大腸内視鏡検査は全国で100万人前後が受診しているとみられる。ただ検査のためには、大腸の中を完全に空にするために前日から食事を制限し、当日も直前まで腸管洗浄剤を2リットル飲んで徹底的に中のものを出さねばならない。内視鏡は肛門から大腸の奥まで入れ、引き抜きながらモニターで見る。この説明に、八嶋は少々浮かない顔だったが、大和田は「すごくやってみたい」と乗り気だった。

 

スタジオに検査の装置が持ち込まれた。小泉医師が左手でレバーを操作すると、細長い管になっているカメラがクネクネと自在に動く仕組みだ。カメラがどこまで精密な画像を映しだすのか、実験が行われた。

 

使われたのは1万円札だ。カメラを紙幣に近づけると、細かな模様の中に「ニ」「ホ」「ン」の3文字が見つかった。八嶋と大和田が肉眼で懸命に文字を探したが、どこにも見つからない。それもそのはず、文字の大きさは0.2ミリしかない。この高性能カメラが、大腸内のポリープを探し出すのだ。

「時限爆弾が解除された、すっきりした気分」

 

では実際に大腸ポリープが見つかったら、切除したほうがよいのか。先述の中田さんは、1.8センチと4ミリという大きさが違う2種類のポリープがあった。

 

まず、1センチを超えるポリープの場合、過半数は悪性でがん細胞を持っているため、1.8センチもあれば切除する。半面、4ミリのサイズは経過観察、つまり今すぐ切除しなくてもよいと小泉医師は話す。

 

例外もある。別の患者に見つかった1.5センチのポリープは、小泉医師によると切除の必要がないという。調べたところ正常の粘膜に覆われていたポリープなので、がん化する心配がないためだ。

 

中田さん自身は、悩んだ末に大小いずれのポリープも切除する判断をした。手術も内視鏡を使って行われ、無事成功した。小泉医師は「残しておくと不安のもとになることもある」と、中田さんの決断を評価した。実際に1.8センチのポリープは、一部がん化していたという。

中田さん「時限爆弾が解除された、すっきりした気分です」
 

40歳を過ぎたら便の潜血検査を、そして陽性になったら大腸内視鏡検査を受けて欲しい――小泉医師は、そう呼びかけた。