8日、韓国メディアは、韓国の地方自治体が朝鮮半島を模った名所をつくろうとサッカー場2個分の森林を伐採したが、その後は何の工事も行われず、そのまま放置されていると報じた。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は智異山。

写真拡大

2016年9月8日、韓国・JTBCテレビは、韓国の地方自治体が朝鮮半島を模った名所をつくろうとサッカー場2個分の森林を伐採したが、その後は何の工事も行われず、そのまま放置されていると報じた。

韓国・慶尚南道山清郡は3月、観光名所をつくる目的で、智異山のふもとの森林約1ヘクタールの伐採を開始した。しかし、伐採作業が終わった5月以降は何の工事も行われず、放置されたまま。現場には伐採された樹齢40〜50年のマツの木やミズナラの木があちこちに積まれている。具体的な計画を立てず、むやみに木を切ってしまったためだという。山清郡関係者は「完工させるつもりだが、まだ具体的な計画はない」と明らかにした。

これに対し、観光客からは「なぜ罪のない木を切ってしまったのか理解できない」などと厳しい意見が相次いでいる。付近の住民からは自然災害を懸念する声も出ているという。

この報道に、韓国のネットユーザーからも批判的なコメントが相次いだ。

「全く理解できない。本当に腹立たしい」
「関係者を逮捕するべきでは?」
「外国なら無期懲役が科せられる」

「情けなくて涙が出る。外国の観光名所を見て学んでほしい」
「韓国が滅びるのも時間の問題」
「完工が目標なのに、なぜ具体的な計画がない?」
「担当者の髪を朝鮮半島の模様にそってしまえ」

「無能な公務員が山をきれいに掃除しようとしたのだろう」
「自然は自然のままが一番美しいのに…」
「その頭脳でどうやって公務員試験に合格した?」(翻訳・編集/堂本)