映画やゲームなど、身の回りで使われているCG技術は日々進化している。

 そんななかTwitter上では、リアルすぎる3DCGが話題となっている。

 投稿者は、夫婦で3DCGアーティストとして活動するYukaさん(@mojeyuka)。上記の画像にはどう見ても本物にしか見えないような透明感漂う女の子が写っているが、これはなんと3DCG!

 こちらの3DCG作品「Saya」は昨年のバージョンがすでにハイクオリティだと話題になったが、そこからさらに改良を重ねたとのこと。右側のデータ画像をよく見ると、細かく浮いた髪の毛まで再現されているのがわかる。

 これに対し、Twitterユーザーからは「本物にしか見えない」「一目惚れしていたかもしれない」と作品のリアルさや、それを実現する技術力の高さに感激の声が上がっている。

 また、見た目のリアルさだけでなく、動きも研究中。東映デジタルセンターのツークン研究所と共同で、1人の女の子としてより完成度の高い状態を目指しているようだ。

 「Saya」は今秋の展示会でお披露目予定とのこと。詳細は今後アナウンスされるそうなので、発表を楽しみに待ちたい。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら