「なんであの時、結婚しておかなかったんだろう」(写真:アフロ)

写真拡大

 40代独身女性は「結婚」をどう考えているのか。彼女たちの本音に迫るこのシリーズ、第1回「41歳、優子の場合」は大きな反響を得た。生涯未婚率が高まる中、平成22年度の国勢調査結果によると、40代独身女性でその後の10年間に結婚した人は、たったの「1%弱」。一方で、いま40代の独身女性の30%強が、「結婚願望がある」と答えている(※)。40代独身女性は結婚を、したくなかったのか、できなかったのか、これからするのか。理想と現実のはざまに揺れる女たちのそれぞれの事情。第2回をお届けする。(※明治安田生活福祉研究所「20〜40代の恋愛と結婚」より)

 * * *
■42歳、埼玉県出身・東京都在住、商社勤務、美希の場合

 美希が取材に指定したのは丸の内のオープンカフェ。真夏の18時はまだ明るく、通りをサラリーマンやOLが足早に通り過ぎていく。この街に生きる人はみな忙しい。

「夜なのにカフェでごめんなさい。明日は土曜日でしょ、土曜は早朝から走るので、夜の食事は簡単に済ませるんです。明日は仲間と走るから皇居ですね。平日は家から近い神宮外苑を走ることが多いのですが。マラソンは3年前から始めました。元々体を動かすのは好きですし、ダイエットになりますし、マラソンで各地に行くのも楽しい。これまでに、大きな大会だと沖縄マラソンと大阪マラソン、ホノルルにも出ました。次は北海道と京都を狙っています。そして一番行きたいのは、有名シャトーのワインを飲みながら走るフランス・ボルドーのメドックマラソン!」

 身長171センチ、仕立てのよいパンツスーツをさらりと着こなす美希に会い、元宝塚のトップスター、女優の真琴つばさを思い出した。総合商社からグループ会社に出向中の課長。外見にたがわぬキャリアウーマンだ。マラソン以外にも、ラグビー観戦、料理、英語と趣味は広く、お酒も大好き、今でも朝まで飲むことが少なくないという。

「親に感謝なのですが、私、体力があるんです。暇さえあれば動いていますね」

 多趣味なだけあり、交友関係も広い。フェイスブックの友達は1000人を越す。フェイスブック上の友達とリアルの友達は違う、とはよく言われるが、美希の場合、リアルの友達も多いようだ。

「いわゆるサバサバした姉御タイプだからかな。私自身はあまり人の好き嫌いはなくて、食べるのと飲むのが好きな人となら、だいたい、誰とでも友達になれます。女子って、結婚や出産で境遇が変わると疎遠になるとよく言いますが、私の場合、そうはならないんです。夏休みは、女友達と、彼女の旦那と、子供と私という4人で、セブ島に行ってきました。一人で行くより楽しいでしょ」

 友達が多く多趣味。つまり彼女は独身貴族を謳歌する「結婚って何ですか?」タイプか──と思いきや、「今は結婚したいです」と、きっぱりと言った。とはいえ、その境地に辿りつくまでには、それなりの変遷があったようだ。

「父を早くに亡くし、母親はずっと働いていましたから、私も働くのは当然と思って育ちました。だから若い頃は、結婚に対する憧れ、みたいなものは全くなかったんです。むしろ仕事で成功したい気持ちが強かった。就職氷河期に、希望の商社に入れたんですよ、私。そりゃ頑張りますよね。20代後半まで長く付き合った彼がいたのですが、保守的なところがあって、休日に仕事をすると機嫌が悪くなるんです。それで別れました。仕事より大事な人が現れない限り、結婚する必要はないと思っていましたね、本気で」

 男友達は多いが、恋愛経験は豊富ではないという。それでも、仕事で成功できればそれでいいと思っていた。私はそういうタイプなのだとも。しかし、思いがけない形で転機が訪れる。

「33歳のときに、母が倒れたんです。プロジェクトリーダーに抜擢された直後でした」

 脳梗塞で、幸い一命はとりとめたが、後遺症が残った。美希には妹と弟がいるが、妹は出産直後、弟は仕事で九州にいた。母親の介護は、独身で近くに住む美希が中心にならざるをえなかった。

「母の家族や、ヘルパーさんの力を借りることもできたので、私一人で頑張ったわけではないのですが、3年くらいは大変でしたね。何より、思うように仕事ができないのがつらくて。プロジェクトからは外されました。このとき初めて、ああ、仕事では、私の代わりなんてたくさんいるんだなと悟ったんです。同時に、ああ、あの時、なんで私を選んでくれた彼と結婚しておかなかったんだろうって後悔して。結婚と仕事を天秤にかける愚かさを思い知ったというか……」

 美希の頭に人生で初めて“結婚”の文字がちらつき始めた時、既に30代半ばに突入、出会う男性は既婚者ばかりになった。心の支えもない中、介護と仕事で疲労が重なり、半年間、休職することに。38歳のとき、グループ会社へ出向となった。

「“介護”という、同情を得られる理由があったから、周囲の目は温かかったんです。課長に昇進もできて、今の仕事ももちろん責任をもってやっていますが、はっきり言って、以前と比べたら物足りない。だから趣味や交友関係を充実させるようになったんです。そこから学べることもあるだろうし、出会いも欲しかったから」

 美希は受験戦争を勝ち抜いて都内の有名私大に入り、就職戦線を勝ち抜いて総合商社に就職した。出向は本意ではなかったが、それは母の病という外的要因によるものだった。休職をへて心身ともに回復した美希にとって、いまだ人生は「頑張れば結果が出る」ものなのだろう。よく働き、よく遊び、よく学べ、それが美希だ。

 実際、出会いには結果が出た。

「付き合って半年になる彼氏がいます。恥ずかしながら11年ぶりに彼氏ができたんですよ。相手は47歳のバツイチで、マラソンで知り合った友人に誘われた飲み会で出会いました。大学が同じで、彼もラグビーが好きで盛り上がって。二人で朝まで飲んで、明け方に『付き合おっか』と言われて。あまりにも久しぶりだから頭が真っ白になって、気付いたら『イエス』と答えていました。付き合いが順調かどうかは……うーん、それが、わからないんですよね(笑)」

 頑張り屋で勉強家の美希だが、恋愛についてはここ12年、学んでいない。

「私は結婚したいんですが、そういう話はまだ出ていませんね。彼は脱サラして、3年前に小さなバーを始めています。店が軌道に乗るまでは、結婚なんて考えられないかな、とも思うんですが、もし彼が望めば、私も一緒に店を手伝いたいなとも。そのためには、一刻も早く、勉強を開始する必要がありますよね。でも、私は会社勤めを続けたほうが、二人の生活が安定していいのかな。早く、そういう将来の話をできる関係になりたいですね。友達にアドバイスをもらったり、ラブコメや恋愛小説を読んで、男ゴコロを勉強しています」

 かつてアドラーやドラッカーなど、ビジネス書や自己啓発書が並んでいた自宅の本棚には、今、恋愛指南書や恋愛小説が並んでいるという。

「漫画の『東京タラレバ娘』(東村アキコ)にはまっているんですよ。KEY君のひと言ひと言が刺さるんですよね。でも、彼女たちは33歳、未来があるからあの漫画は成立しているんだと思う。42歳じゃあねぇ……。冷静に考えるとイタい人なんですが、それでも現状を前向きに捉えるとしたら、この歳でも人を好きになることができて、幸せだと思うんです」