友人のバーに客を呼ぶため、ユーモア溢れる看板を描き続けた女性が話題に

写真拡大

海外のカフェやパブでよく見かけるチョークアートの看板。

チョークアートとは、黒板の上にレタリングやイラストを描くアートで、温かな雰囲気が魅力です。

そんなチョークアートで友人のお店の窮地を救った、ある女性が話題になっています。

手描き看板の魅力

littlewolff

“littlewolff(リトルウルフ)”ことOllie Wolff Pruittさんは、集客に悩む友人のバーを盛り立てようと、店頭の看板(黒板)に週替りでキャッチーな絵や言葉を描き始めました。

littlewolff

するとその温かな作風に惹かれて、バーに来るお客さんが少しずつ増えていったそうです。

その後、彼女が地元の新聞から取材され注目されると、お店にはさらに多くの人たちが訪れるようになったとか。

どんな看板?

注目を集めたチョークアートたちはこちら。

littlewolff

「お酒はあなたの問題を解決してくれないけど、ミルクだって同じよ」

littlewolff

「愛はお金じゃ買えないけど、ハンバーガーは買える!」

littlewolff

「ウイスキーください…(あ、倒しちゃった!)」

「おかわり!」

littlewolff

「飲んで忘れちゃうなら、先にお会計を!」

ほっこりする癒し系アート

こんなお勧め上手な看板を見たら、ついお店のドアを開けてしまいそう!?

Imgurの“リトルウルフ”さんのページには、このほかにもたくさんの作品が掲載されているので、ぜひご覧になってくださいね。

Imgur(littlewolff)

http://imgur.com/gallery/YhNPb

・アート(まとめ)