昭和の大横綱の命を奪った膵臓がん。元横綱千代の富士(本名・秋元貢、享年61歳)は、昨年5月31日の還暦土俵入りでは現役時代を彷彿とさせる勇姿を見せた。その直後、早期の膵臓がんが発覚。すぐに手術を受け現場復帰を果たしたが、容態はよくならず、肝臓や肺、胃などへの転移がんが身体をむしばみ、7月31日に急逝した。
 「膵臓がんの5年生存率は、ステージ1でも約40%。胃がんや大腸がんはステージ1ならほぼ100%と言われ、その差は歴然としています。発症率は胃がん、大腸がんの3割程度と少ないものの、実は他人事とは言えないのです」

 こう説明するのは、東京都多摩総合医療センター循環器系疾患の担当医。そしてこう続ける。
 「膵臓がんが意外に身近なものであるという理由は、糖尿病との関係にあります。日本では2000万人を超える人が糖尿病かその予備群とされ、千代の富士も糖尿病を患っていたという。この国民病とも言える病の人は、がんになりやすく、中でも膵臓がんになりやすいことが分かっているのです」

 3年ほど前、日本糖尿病学会と日本癌学会による「糖尿病と癌に関する合同委員会」が開かれた。その発表の一つに、抽出された33万5000人のうち、がんを発症した約3万3000人の解析結果があった。その解析例の中で、糖尿病患者における全がん罹患リスクは男女合わせて1.2倍に上昇。がんの種別にすると、膵臓がんと肝臓がんが約2倍というデータが出たのだ。
 がん医療支援研究を続ける医学博士の内浦智之医師はこう説明する。
 「糖尿病で高血糖状態になると、血糖値を下げるためにインスリンの血中濃度が高くなる。インスリンには、がん細胞の増殖を促す作用もあるため、糖尿病の人はがんになりやすく、中でもインスリンを分泌する膵臓や、ブドウ糖の“倉庫”ともいうべき肝臓にがんができると、糖尿病の人ほどインスリンの悪影響を受けやすいと考えられます。さらに、糖尿病を助長させることから、酒量の多い人や煙草を吸う人は危ない。膵臓がんは決して他人事ではないのです」

 膵臓がんの既往歴のある人のうち、約25%が糖尿病を合併していることからも、これら二つが大きく関わっていることが分かる。
 「膵臓がんは、早期発見が難しく、悪性度も高い。しかも日本人においては、発症率だけを見ると胃がんや肺がんの方が上になります。しかし、胃がんや肺がんは、定期的に検診を受ければ早期発見が比較的容易であり、また、適切な治療を受ければ生存率も高いことで知られています。一方の膵臓がんは、初期症状が乏しい上に、厚生労働省の定めるがん検診にも含まれていないことが、早期発見を難しくしている。症状が出にくい理由は、膵臓が非常に小さい臓器で、腫瘍が2センチ未満であることと、お腹の奥深くにある後腹膜臓器であることが関係していると言われます。膵臓は肝臓と同じく、がんができても自覚できる症状が少ない“沈黙の臓器”だからです」(医療ジャーナリスト)