最近、兵庫県の某学校に「上半身裸でトイレ掃除をする」という習慣があるという話が、ツイッターなどでちょっとした話題になった。

編集部でその話をしていると、記者たちから「うちの学校ではこんな......」「いや、僕の母校では......」と、みんなの母校のちょっと変わった行事や決まりなどが、まあ出るわ出るわ。

画像はイメージです(Danny Chooさん撮影、Flickrより)

そこで今回Jタウンネットでは、各地のユーザーから「あなたの学校にあった『変な風習』」について、情報を募ることにした。

おかげで「良い嫁」と褒められた

まずは、兵庫県のAさん(50代女性・病院受付)から。

「大阪にある私の母校では、毎朝校内放送で『般若心経』が流れ、全校生徒で唱えていました。仏教系の女子高だったので、こうした習慣はいろいろありましたが――たとえば、校門にある如来さまの像に、登下校のたびに一礼したり、みんなで聖歌(キリスト教でいう讃美歌みたいな)を歌ったり......」

卒業して30年以上経った今も、般若心経は空で唱えられるとか。義父が亡くなったときには自らお経を上げ、「良い嫁だ!」と親戚内での株を上げたとのこと。

小学校の卒業式には、中学校の制服で...

「僕の中学校では、午前中と午後にそれぞれ数分間、目をつぶって休む風習がありました」

というのは、千葉県のBさん(20代男性・会社員)だ。キリスト教系の学校などでは「瞑目」して心を落ち着ける習慣があるところがちらほらあるが、Bさんのところもそうだったのだろうか。

続いては、神奈川県のCさん(50代女性・主婦)の小学校時代の思い出。

「卒業式には、進学先の中学校の制服を着て出席する風習がありました。ほとんどの人が公立の制服を着ている中、私立の学校に進学する人だけは別の制服で妙に浮いていて、今思えば変な習慣だな、と思います。今はどうなったのかわかりませんが......」

裏山でスキー、居眠りしたらグラウンド一周

北国ならではのエピソードを語るのは、北海道のDさん(30代男性・会社員)。

「私の学校のすぐ裏は山。体育の授業ではそこに登ってスキーをしていました。すごく楽しかったですが、今考えるとちょっと危なかったですね」

やはり北海道のEさん(30代男性)からは、こんな投稿が。

「授業中などに居眠りをしたら、必ずグラウンドを一周させられてました」

疲れて余計に眠くなりそう。

「筋肉祭」っていったい何?

最後に、沖縄県のFさん(20代男性・大学生)からの証言だ。

「自分の母校では、文化祭とならんで『筋肉祭』という行事があります。県内でもうちでしか行われていないのですが、筋肉祭とあって筋肉をアピールできる競技が行われます。たとえば、棒倒しのときには男子生徒全員が上半身裸になったり、ダンスでも筋肉を見せつけるような踊りだったり......」

他校でいう体育祭に相当するものらしいが、インパクト満点である。一度見に行ってみたいかも。