西田栄喜(にした・えいき)   菜園生活「風来」(ふうらい)代表。大学卒業後、バーテンダーとなる。その後、ビジネスホテルチェーンの支配人業を3年間勤務。その後帰郷し、1999年、知識ゼロから起農。小さなビニールハウス4棟、通常農家の10分の1以下の耕地面積である30アールの「日本一小さい専業農家」となる。3万円で購入した農機具などで、50品種以上の野菜を育て、野菜セットや漬物などを直売。生産・加工・販売を夫婦2人でやりながら、3人の子どもたちと暮らす。借金なし、補助金なし、農薬なし、肥料なし、ロスなし、大農地なし、高額機械なし、宣伝費なしなど、“ないないづくし”の戦略で、年間売上1200万円、所得(利益)600万円を達成。基準金額95%未満でも105%超でも反省する「売上基準金額経営」を実践。地域とお客さんとのふれあいを大切に、身の丈サイズで家族みんなが明るく幸せになる農業を行う。著書に『小さい農業で稼ぐコツ』がある。【風来HP】http://www.fuurai.jp/

写真拡大

借金、補助金、農薬、肥料、ロス、大農地、高額機械、宣伝費ぜんぶなし!
しかも、夫婦2人、初期投資は143万円だけ!
なのに、年間売上1200万円、所得(利益)600万円も「幸せに稼いでいる」人物が、石川県能美市にいるという。
東京から金沢まで約2時間半、そこから在来線で30分。そこにいるのは……ビニールハウス4棟、サッカーコートの半分、通常農家の10分の1の耕地面積=たった30アールしかない「日本一小さい専業農家」で、「菜園生活 風来(ふうらい)」代表の西田栄喜氏(48)。
かつてオーストラリア中をオートバイで走っていた西田氏は、元バーテンダー、元ホテル支配人だったという。
いま、風来では「怪現象」が起きている。
それは、2000円の野菜セットに送料2800円(沖縄)出す人もいて、野菜セットは「3週間待ち」というのだ。
日本海を臨む「日本一小さい農家」で、いったい何が起きているのか?
『農で1200万円!――「日本一小さい農家」が明かす「脱サラ農業」はじめの一歩』が発売されたばかりの著者に、「食糧自給率の裏話」を聞いた。

食糧自給率の正体

 日本の食糧自給率は39%でここ数年横ばいですが、食糧自給率自体、低いということを知っている方も多いと思います。

 一般的に「食糧自給率」というと、「カロリーベース」のことになります。
 私のような野菜農家だと、穀物と比べてカロリーが低いので、あまり食糧自給率に貢献していないことになります。

 そして、カロリーベースで食糧自給率を算出するときには、畜産物のエサの自給率が按分される形になります。

 たとえば、たまご自体は95%とほぼ日本で産み落とされたものになるのですが、ニワトリのエサの自給率は10%と大半が輸入ものです。

 カロリーベースでの食糧自給率換算では、95%×10%となり、日本のたまごの食糧自給率は9.5%となります。

 また、食品廃棄も大きな問題とされていますが、その廃棄品のカロリーも分母として含まることになるので、さらに低くなってしまいます。

 そんなカロリーベースで食糧自給率を算出している国は先進国では日本しかないということで、今、「生産額ベース」で算出すべきだとの声も上がってきています。

 生産額ベースとは、「国内食糧生産金額÷国内食料消費金額」で算出したもので、2015(平成27)年度は66%となります。

 こういったことから、カロリーベースの食糧自給率は、自給率を低く見せて危機感をあおっているだけだという声もあります。
 そういったところがないとは言えないかもしれませんが、私は安心してはいけないと思っています。

 当たり前のことかもしれませんが、カロリーベースで食糧自給率が高い国は生産額ベースで見ても食糧自給率が高く、生産額ベースで見ても日本の食糧自給率は先進国の中では最下位であることは間違いありません。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)