写真提供:マイナビニュース

写真拡大

fossBytesに9月7日(米国時間)に掲載された記事「Microsoft Open Sources Major Components Of Bing Search Engine, Here's Why It Matters」が、Microsoftが検索エンジン「Bing」に関連する主要コンポーネントをオープンソース・ソフトウェアとして公開したと伝えた。Microsoftはこうしたオープンソース化を通じて開発を加速させたい狙いがあると見られる。

公開されたソフトウェアは次のとおり。

・BitFunnel- テキスト全文検索を実現するための基本ライブラリ
・NativeJIT- JavaおよびLuceneをベースに開発されたBItFunnel向けデータツール
・Workbench- ハイパフォーマンスJITコンパイラ

検索エンジンの分野ではGoogleが圧倒的なシェアを持っている。国や地域によっては国内のベンダーがGoogleと同等またはGoogleよりも高いシェアを確保しているところもあるが、グローバルで見るとGoogleが高いシェアを確保している状況にある。Microsoftは検索エンジンの主要コンポーネントをオープンソース化することで開発を加速させ、こうした状況を打破する狙いがあるものと見られる。

(後藤大地)