150万本もの秋の花が一面に。「みちのく杜の湖畔公園」でコスモスとコキアが見頃

写真拡大

朝夕の風に少しずつ秋の気配を感じる9月。宮城県川崎町にある「国営みちのく杜の湖畔公園」では、9月10日(土)から「コスモス&コキア de COKOフェスタ2016」が開催されます。可憐なコスモスやもこもこのコキアを愛でながら、写真を撮ったりおさんぽしたりと、季節を感じるひとときを過ごしに出かけましょう。

公園を彩る花々に秋の訪れを感じて

仙台市街から車で40分ほど。仙台市の南西に隣接する川崎町に「国営みちのく杜の湖畔公園」はあります。園内は花壇や遊具がそろう南地区、キャンプ場やドッグランを備える北地区、トレッキングなどが楽しめる里山地区に分かれており、総面積は東京ドーム約16個分もの広さを誇ります。

春は桜やチューリップ、初夏には菜の花やポピー、夏はアジサイなど季節の花木が園内を彩り、四季ごとにイベントを開催。「コスモス&コキア de COKOフェスタ2016」は、今年で7回目を迎える秋のイベントです。9月から咲き始めるコスモスと、10月にかけて紅葉していくコキアの共演を楽しむことができます。

秋の風物詩・コスモスが彩る花畑へ

まずは南地区のメインゲートからエントランスの広場を抜けて、左手に広がる「お花畑」エリアへ。遠くに蔵王の山々を望み、14種類150万本ものコスモスが咲き誇ります。

9月中旬にいち早く見頃を迎えるのは、黄色やオレンジの明るい花を咲かせる「キバナコスモス」。暑さに強いため開花が早く、草丈が低めなのが特徴です。一面に広がるビタミンカラーに元気をもらえそうですね。

10月上旬から下旬にかけては、おなじみの赤やピンクの花をつける「センセーション」「シーシェル」、淡い黄色の「サンセットイエロー」などのコスモスもしだいに満開に。秋晴れの抜けるような青空のもと、可憐な花々が風にそよぐ風景に、すっと心が洗われるよう。

花畑のあちこちにはベンチが置かれており、一面のコスモスを眺めながらひと休みすることもできますよ。

まあるいフォルムがキュートな、秋色に染まるコキア

続いて、東北6県の古民家を移築し、昔の暮らしや文化を伝えるエリア「ふるさと村」へ。アプローチに広がる「だんだん畑」に植えられたおよそ1万株のコキアが、もこもこした愛らしい姿で迎えてくれます。

コキアは春に種をまき、夏から秋に観賞した後、冬前には枯れてしまう一年草。夏は爽やかな緑色で、9月から紅葉が始まり、10月上〜中旬には畑を真っ赤に染め上げます。日々移ろう緑と赤のグラデーションも、赤色を濃くした姿も美しく、深まる秋を感じさせてくれます。

10月8日(土)〜10日(月・祝)の夜には、コキアのライトアップイベント「コキアカリ」を開催。畑一面が虹色のライトで彩られ、昼間とは違う幻想的な雰囲気を楽しめますよ。

期間中はジャズライブや東北の伝統芸能の演舞など、催し物も盛りだくさん。園内にはベンチや広い芝生もあるので、ランチを持参して、ピクニック気分で訪れるのもおすすめです。季節の花々に包まれ、のんびりと秋の休日を過ごしてみてはいかが?

ことりっぷの最新記事