履歴書に ‟ピアノをマスターした” とウソを書いた男性が「取締役会で演奏してほしい」との依頼を受け大ピンチに! しかし再びウソで切り抜ける

写真拡大

今の時代は、履歴書を書く時に学歴や職歴にウソを書いたら、ネットやSNSで事実確認をされてしまうこともある。しかし、趣味や特技などについては、少々 ‟色” をつけてしまう人もいるのではないだろうか。

まさに、そんな手を使って履歴書に「15歳でピアノをマスターした」と、特技を誤魔化して仕事をゲットした男性が大ピンチに! なんでも、上司から「取締役会で演奏してくれ」との依頼を受けてしまい、なんとか再びウソで窮地を脱したというのである!

・履歴書にウソを書いた男性が大ピンチに!

Twitterのユーザーで、イギリス人だと思われるハビエル・アコスタさんが、彼の友人が履歴書に少し色をつけてしまったばかりに、ヤバいことになりそうだったというエピソードを投稿した。

彼は、「履歴書に ‟15歳でピアノをマスターした” と書いていた友達が、金曜日の取締役会で演奏してくれないかと、上司に頼まれたらしい」とツイート。友人は、応募した仕事が音楽と全く関係ない仕事だったため、まさか、そんな窮地に立たされるとは思わずに、自分の特技を脚色してしまったのだ。

・‟痛みを感じずに指を折る方法” を必死で検索!

ハビエルさんの友人は、なんとかウソがバレないように、ピンチを脱しなければならない! そこで彼は、‟痛みを感じずに指を折る方法” を、必死でGoogle検索していたのだという。

ハビエルさんの投稿にネットユーザからは、「包帯を巻いて怪我を装っては!?」だとか、「ピアノは弾けるけど、ステージ恐怖症で人前では演奏できないと言えば?」といったコメントが寄せられてたとのこと。

・手根管症候群を理由にピンチ脱出!!

その結果、「手根管(しゅこんかん)症候群を理由に依頼を断ればいい」とのアイディアが採用され、なんとか彼は、取締役会でピアノを弾かずに済んだそうだ。

ちなみに、手根管症候群とは手にしびれが起きる神経症のことだが、今回は窮地を逃れることができたにしても、再び何かの機会で、ピアノ演奏を依頼される可能性はあるのではないだろうか。

履歴書に噓を書いちゃいけないなあ〜……と痛感するエピソードである。それにしても、どんなに鈍感な上司でも、苦しい言い訳をする部下の様子を見たら、「履歴書に色をつけやがったな」と勘付いてもおかしくなさそうだ。

参照元:Twitter ‏@Shimz_Afc、Mirror(英語)
執筆:Nekolas
Photo:RocketNews24.

関連ツイートはこちら